18
August , 2017
Friday


首長の鑑だ!米オレゴン州知事が路上の意識不明女性を心肺蘇生で救命

2014年5月7日(水)03時57分更新
Pocket

まさに「人の命を守る」知事だ

まさに「人の命を守る」知事だ

 政府の役目とは、人びとの命と財産を守ることが基本だが、米国・オレゴン州では知事自らが実行し、絶賛されている。公務中に車で移動していたジョン・キッツハーバー知事(67)は、路上に倒れている女性を発見。救急車を呼ぶと同時に、車から降りて心肺蘇生を行った。女性は息を吹き返し、見事一命を取り留めた。

 実はキッツハーバー知事は緊急救命室(ER)の元医師。地元紙オレゴニアンによると、知事が乗った車が同州ポートランドの繁華街を走行中、意識を失って倒れている女性を見つけた。知事は、運転手に停車するよう命じ、自ら車を降りて女性の状態を確認。救急救命士が到着するまで心肺蘇生を続けた。その後、到着した救急車のAED(自動体外式除細動器)を使い、まさに蘇生に成功した。

 現場に到着した救急隊員は「知事が医療現場にこんな形で“復帰”するなんて、すごくカッコいい。とても冷静で、ER勤務時代の医師に戻ったように患者さんを治療していました」と興奮気味に語った。

 知事の広報担当者は「知事は、女性が一刻も早く健康を取り戻すことを祈っています」とのコメントを発表した。民主党所属の同知事は2010年に当選し、現在は1期目だ。