22
November , 2017
Wednesday


夏の強烈な日差しから肌を守る新商品がコレ!?なんと飲む日焼け止め

2014年5月21日(水)03時37分更新
Pocket

1本30ドルって…

1本30ドルって…

 日本列島はまもなく梅雨入り。それが終わればアッヂィ~夏がまたやっている。強烈な日差しで肌が悲鳴をあげる前に、外出の際にはしっかり日焼け止めを塗っておきたいもの。だが、あのベトベト感が嫌だという人に朗報? なんと飲む日焼け止めが発売されたというのだが、果たしてその効果は…。

 米国・コロラド州のオスモシス・スキンケアという会社が開発した「ハーモナイズド・H20・UVニュートライザー」という長ったらしい名前の商品がそれ。日差しの中に出る前に、これを飲むだけで97パーセントの肌に有害な紫外線をブロックしてしまうのだとか。

 同社によると、この商品を飲むことにより、皮膚組織の分子が常に振動することで日焼けを防ぐのだという。

 これについて、ある皮膚科の専門家は英紙テレグラフの取材に「子供だましみたいなものじゃないか」と懐疑的だ。「内服する日焼け止めに効果が薄いことはすでに知られている。水の分子の波長を変えたと言っているが、どうやってそんな事が可能なのか理解できない」と話している。

 同商品は同社ウェブサイトで購入でき、1本30ドル(約3000円)というからかなり高価だ。