20
August , 2017
Sunday


【中国】今度は偽スフィンクス!エジプトに怒られ「撮影用」と言い張る

2014年5月26日(月)03時01分更新
Pocket

よくできた偽スフィンクスではある

よくできた偽スフィンクスではある

 パクリ大国の最新作がこれだ! 中国河北省に、エジプトの有名な遺跡、スフィンクスを丸ごと模した、ほぼ実物大の建造物が出現した。これにはエジプト当局が激怒。世界遺産を登録する国連教育科学文化機関(ユネスコ)に訴えた。建設した中国企業は「映画やテレビに使用するための撮影用」と説明。撮影後、すぐに解体すると話している。

 中国のニュースサイト「人民網」によると、偽スフィンクスは高さ約30メートル、長さ約80メートルで、本物の高さ21メートル、長さ73メートルよりやや大きい。建設した企業によると、骨組みは鉄筋で、その上をコンクリートで固めたという。「撮影用に作っただけで、カネ儲けが目的ではない」と弁明している。

 偽スフィンクスは中国のネット上で話題になり、エジプト当局が伝え聞いた。当局者は「事前に何の連絡もなかった。実物とは違う点もあり、遺跡への理解を損ない、観光産業への影響もある」としてユネスコに“直訴”した。

 とはいえ、中国人以外で「エジプトは遠いから中国のスフィンクスを見に行こう」なんていう観光客はいないだろうが…。