24
September , 2017
Sunday


グラドル柳ゆり菜の初主演映画『うわこい』初日舞台挨拶にキャスト陣が集合

2014年6月2日(月)12時00分更新
Pocket

 5月31日、映画『うわこい』の初日舞台挨拶が、シネマート六本木で行われ、出演者の柳ゆり菜、本山なみ、石田知之と、本作の監督である吉村典久氏が出席した。

IMG_0095

 本作は「ヤングキング」(少年画報社)で連載中の糸杉柾宏氏による同タイトル作品の映画化で、幼なじみで恋人同士のユノとユキテル、そして、もうひとりのヒロインであるレナとの三角関係を描いた作品となっている。

IMG_0038+

 普段はグラビアアイドルとして活躍しており、今回が映画初出演でとなった柳は、「グラビアは自分のままでよかったですが、映画は役で演技しないといけないので、緊張して不安でした」とコメントし、「(演じた)ユノの性格が無邪気で明るかったので、似ているところがあって演じ易かったです。監督も優しかったですし」と振り返った。

 ユメの相手役であるユキテルをつとめた石田は、「僕としては、ラブシーンなどでのユキテルの心理描写を見てほしい」と見所を解説。ユキテルに関わるもうひとりのヒロイン、レナを演じた本山は、「私は2作目ですが石田さんが初めてということで(濡れ場を)リードしようと臨みましたが、途中から石田さんがコツを掴んで逆にリードされる側になりました」と告白。すると石田は、「『濡れ場うまくなったね』って終盤からいっていただきました」とテレた。

IMG_0058

 イベント後半にはは6月21日から同じくシネマート六本木で公開される『うわこい2』の出演者、吉良竜矢、城戸桃の他、石川均監督と、主題歌を歌う宮崎寿々佳がサプライズ登場。撮影現場で大雪に見舞われたエピソードなどを語った。

映画『うわこい』は6月6日までシネマート六本木で公開予定。(マサ)