22
September , 2017
Friday


若い女性襲った強盗男 被害者のフェイスブックに友達リクエストして御用

2014年6月3日(火)02時49分更新
Pocket

稀に見るまぬけな強盗 スケベ心でアウト?!

稀に見るまぬけな強盗 スケベ心でアウト?!

 前代未聞のおバカ強盗が御用となった。米国・ワシントン州ブレメトンで、若い女性を襲ってバッグなどを盗んだ男が翌日、被害者のフェイスブックにアクセスし「友達になる」をリクエスト。男の写真を見た被害者がただちに通報し、男は即逮捕された。

 地元メディアによると、逮捕されたのはライリー・ムリンズ容疑者(28)。同州のフェリー乗り場にいた被害者の後頭部を殴り、持っていたバッグとアップル社の「アイポッド」を盗んで逃走した。

 警察の事情聴取で女性は「後ろから襲われたため顔は見ていない」と話していた。ところが翌日、自身のフェイスブックに「友達リクエスト」が来ていたことから、そのユーザーのアカウントを確認して驚いた。犯人の顔は見なかったものの、首に三角形の特殊なタトゥーがあったことは鮮明に覚えており、男の写真にはそれと全く同じタトゥーが…。

 盗んだアイポッドにあったフェイスブックのアプリなどから被害者の身元を調べ「友達リクエスト」したらしい。同容疑者のフェイスブックアカウントには多くのコメントが寄せられ、「たぶんコイツは被害者の女性に『盗まれたものを見つけたよ!』とでも言って恩に着せ、デートしたかったんじゃないか」などと推測する書き込みもあった。

 警察は容疑者の動機を調べている。

決め手となった首のタトゥー

決め手となった首のタトゥー