17
December , 2017
Sunday


役にたたない英語おせーたる(30)おやつを交換するは…

2014年6月14日(土)09時00分更新
Pocket

 職場の隣人、Bryanは食いしん坊で愉快な人だ。食いしん坊だけあって、自分で料理もする。私も料理が好きだし、中でもパンやお菓子を焼くのが大好き。これまでも、お菓子を焼いて会社に持って来ることもあったのだが、そのときはBryanにもおすそ分けしていた。逆に、Bryanが何か持ってきたときは、おすそ分けしてくれていた。

 時が流れ・・・。ある日、Bryanが突然、”Do you remember last week?”(先週を覚えてるか?)と言う。「はあ? 先週って?」と返事をすると、”Remember, we exchanged treats almost every day. We should make it routine!”(ほとんど毎日、おやつをやり取りしたじゃないか。あれを日課にしよう!)。ああ、思い出した。その前の週はいつも以上にお菓子を交換したんだった。どうやらBryanは、それが気に入ったようだ。ほぼ毎日違うお菓子が食べられるからね。

 しばらくして、Bryanがビンをシャカシャカと振りながらやってきた。おもむろに”Pick one.”(一つ引け)と言う。ビンをのぞき込むと、紙切れがいくつか入っている。一つ引いてみた。引いた紙切れを開いてみると”Friday”(金曜日)とある。”What’s Friday?”(金曜日がどないしてん?)と聞くと、”You will bring in treats on Friday.”(金曜日におやつを持ってくるんだ)とのこと。勝手にルールを作り上げていることに大爆笑してしまった。

 Bryanはほかの人にも参加を呼びかけたようだが、結局、参加者は私とBryan、そして奇特なMelindaのみ。毎金曜日にくじを引き、翌週のおやつ当番日を決める。毎週何かしらお菓子を考えないといけないというのはちょっとしたプレッシャーで、ここしばらく週末はレシピの検索に忙しかったりする。さて、来週は何を持っていこうか・・・。