17
December , 2017
Sunday


【台湾】8500万円の新型消防車が大破!泥酔消防士のアホな言い訳

2014年6月17日(火)04時25分更新
Pocket

横転し大破した新車だった消防車

横転し大破した新車だった消防車

 台湾・南西部の雲林県で先日、泥酔してヘベレケになった消防士が深夜、火事でもないのに、署に配備されたばかりの消防車の新車を運転。思いっきり蛇行をしまくり、建物に激突し、消防車は横転。8500万円相当の新車は無残にも大破してしまった。

 警察によると、消防車は電柱をなぎ倒し、駐車していた車数台に接触、マンションにぶつかり横転した。幸い、けが人はいなかった。飲酒運転などの容疑で逮捕された消防士は、消防車を運転した理由について「何か急に自然の緑や森が見たくなった」と意味不明な供述をしている。

 消防署関係者は「これ以上無いほどの愚行をやらかした。この消防車はわれわれのプライドだったのに!」と怒り心頭だ。