22
September , 2017
Friday


開店前の行列も名物!スター職人が薪窯で焼く「真のナポリピッツァ」~磨由子のグルメ散歩~

2014年6月28日(土)04時22分更新
Pocket

 オープンして4年。その当時は中目黒に行列を生む店として名を馳せた。最近はさすがに落ち着いているだろうと思いながらランチ営業開始前に店に着くと、ややっ!やっぱり長蛇の列ができている!人気は定着しているのだな、と感心すると同時に焦りながら駆け寄って、最後尾に貼りついた。

 1巡目に入ることができたので、ひとまずはホッ。平日は1枚1000円でランチピッツァが楽しめ、土日祝日はアラカルトのみ。アラカルトだとマリナーラとマルゲリータ以外は2000円前後になってしまうので、ランチはかなりお得だ。

 8種類ほど並ぶなかから、今回はマリナーラを選択。トマトソースにニンニク、バジル、オレガノ。チーズも乗っていない最もシンプルなタイプ。ピッツァが窯から上がると、店員は湯気の立つようなアツアツをテーブルに運んでくる。それはもう脱兎のごとき速さで。狭い店内を小走りに近い勢いで。

 「ダ・イーサ」は、ピッツァ職人である山本尚徳さんの店。彼はナポリの名店で修業をし、ナポリピッツァの世界大会で2年連続で優勝をかっさらい、翌年も入賞を果たしたレジェンド。そしてこの店は、ナポリに本部のある「真のナポリピッツァ協会」の認定店でもある。伝統的な製法で作られたピッツァ生地は、今時の流行りと比べると、やや重めのモチモチ感がしっかりとした塩気とマッチしている。サイズも大きめのイタリアンサイズだから、ピッツァ1枚で大満足だ。

 もちろん他にもメニューはあるけれど、品数は少なく、メニューの絵面は素っ気ない。「だって、ウチはピッツェリアだからね」というつぶやきが聞こえてきそうだ。ナポリにあるピッツェリアは庶民的な食堂のようなもので、大体はそんなものらしいから。イタリアを愛する料理人には「イタリアの食文化を広く知ってもらいたい」と考える人が多いけれど、山本シェフはひたすらピッツェリアにこだわって店を続けているのだろう。

※お料理との出会いをより感動的にするため、写真はあえて載せません

 

東京都目黒区青葉台1-28-9 03-5768-3739 東急東横線、東京メトロ日比谷線 中目黒駅(P無) マリナーラ 1000円(平日ランチ価格)

&

View Larger Map