21
November , 2017
Tuesday


米歌手ジェニファー・ロペスの名前がつけられた新種の生物はまさかの…

2014年7月17日(木)03時06分更新
Pocket

こんな感じのミズダニらしい

こんな感じのミズダニらしい

 さすがの米歌手ジェニファー・ロペス(44)も、こんなの嬉しくないだろう。プエルトリコで発見された新種のミズダニの名前が「ジェニファー・ロペス」と命名されたのだ。

 発見したのは東欧モンテネグロにあるモンテネグロ大の生物学者ウラジミール・ペシック氏率いる研究チーム。プエルトリコで新種を見つけた後、発表する論文を作成するチームの士気を上げるため、ずっとジェニファーの歌を聴いていたのだとか。

「サッカーW杯の最中だったし、ジェニファーの曲で大いに盛り上がったよ」とペシック氏。ジェニファーはブラジルW杯のテーマ曲を担当。また、ジェニファーの両親がプエルトリコ出身のため「これ以上、ピッタリのネーミングはない!」とばかり、新種のミズダニの名前に決まったそうだ。ただし、本人のコメントはまだ届いていない。

 ちなみに、有名人の名前がつけられた新種の生物はけっこういて、「ミック・ジャガー」は三葉虫。U2のボノの名前がつけられたのはクモの一種。海の寄生虫には「ボブ・マーレー」の名前がつけられている。

本人からは「あまり嬉しくない…」との声が聞こえてきそう

本人からは「あまり嬉しくない…」との声が聞こえてきそう