15
December , 2017
Friday


◎血統予想 【福島11R・安達太良S】【函館11R・函館2歳S】【福島10R・信夫山特別】

2014年7月18日(金)03時37分更新
Pocket

【福島11R・安達太良S】

勝ち切れないレースが続いているが、このクラスでは安定勢力のアンアヴェンジドを信頼する。父は重賞を2連勝したフェデラリストを出して注目されたエンパイアメーカー。 インリアリティ4×3のクロスを持つエンパイアメーカーに、母の父のノウンファクトを持つことにより、アンアヴェンジド自身はインリアリティの5×4×3のクロスを持つ綺麗な配合となっている。 今年から日本での産駒がデビューした父は、早くもドルメロが7月5日の中京の新馬戦で勝利を飾っている。 その勢いに乗って、アンアヴェンジドも久々に勝利の美酒に酔いたいところ。

◎アンアヴェンジド
○ブラインドサイド
▲セイカフォルトゥナ
△スズカヴィグラス
△リキサンステルス
△ディーエスコンドル

【函館11R・函館2歳ステークス】

◎スルターナ
○トウショウピスト
▲タケルオウジ
△マイネルエスパス
△クールホタルビ
△アンブリカル

【福島10R・信夫山特別】

◎マイネルテンクウ
○ルミナスレッド
▲エイダイポイント
△カーマイン
△アナンジュパス
△マイネルサンオペラ