24
November , 2017
Friday


ジャスティンと大喧嘩中のオーランドに声援を送った大物俳優がいた!!

2014年8月4日(月)04時29分更新
Pocket

オーランド(右)とミランダの離婚の大きな原因はやはりジャスティンだった

オーランド(右)とミランダの離婚の大きな原因はやはりジャスティンだった

 スペインのリゾート島イビザで、先週勃発した英人気俳優オーランド・ブルーム(37)と悪ガキ歌手ジャスティン・ビーバー(20)の大げんかの詳細が明らかになった。

 原因はやはりオーランドのジャスティンへの怒りだった。昨年10月の妻ミランダ・カー(31)との離婚は「ジャスティンとの浮気が大きな要因だった」とオーランドの関係者が英紙ミラー発行の3日付サンデー・ピープル紙に語った。

 ジャスティンは2012年、ミランダがモデルを務める米ランジェリーメーカー大手ビクトリアズ・シークレットのファッションショーにゲストとして出演。楽屋では2人がいちゃつく姿が報じられた。その際、ミランダはジャスティンに「あなたを男にしてあげる」とささやき、ショーの後は2人でホテルに消えていったという。

 その話を耳にしたオーランドは激怒。それまで、単に「おバカでちっちゃな少年」と見下していたジャスティンが自分の結婚を破壊した大きな原因になったことを嘆いたとも。

 そのジャスティンを、大勢のセレブであふれるイビザのクラブで見つけたオーランドは、衝動的にソファーを飛び越え、驚いた様子のジャスティンの目の前に立ちふさがり、思いっきり握ったこぶしを大振りした。ところがジャスティンはパンチをダッキングで交わしたまでは、すでに報じた。その間、オーランドに声援を送っていた友人の1人は、米俳優レオナルド・ディカプリオ(39)だったことが新たに判明した。