22
August , 2017
Tuesday


【カナダ】AV男優になるための学校が開校 ただし〝実技〟は下着着用

2014年8月8日(金)04時46分更新
Pocket

カメラの前で緊張しないよう〝本番慣れ〟することが目的だという

カメラの前で緊張しないよう〝本番慣れ〟させることが目的だという

 カナダ・ケベック州のアダルトビデオメーカーがこのほど、AV男優養成学校を開校した。

 コースは1日研修のみで、現役のAV女優らが講師を務めて、さまざまな体位を体験する“実技”や、業界のビジネス面を学ぶ“学科”がある。授業料は149ドル(約1万5000円)だ。

 同校を創設したのはペガサス・プロダクションズのニコラ・ラフレール社長。「新人男優がカメラの前で緊張して勃たなくなった」ことがきっかけで、事前にAV男優としての訓練を受けられるスクールを思いついたと明かした。

 体位を体験する授業では、残念ながら?下着をつけてのシミュレーションだが、スタジオのカメラや音声の前で演じることで“本番慣れ”させることが目的だとか。

 受講希望者は、申請書に顔写真とフル勃起状態のチ○コの写真を添えて申し込む。

 記念すべき第1期コースには50通の申し込みがあったが、アソコの大きさなどを審査した結果、入学が許可されたのは、わずか9人だった。