19
November , 2017
Sunday


《ミトラ》 シンボリクリスエス産駒の変わり種

2014年8月14日(木)09時30分更新
Pocket

1年4か月もの長期休養明けとなった前走パラダイスSを快勝し、力のあるところを見せつけたミトラ。2戦2勝と得意とするマイル戦で重賞初制覇を狙う。
 母エイグレット(父サンデーサイレンス)は16戦3勝。勝ち鞍はすべて芝1200メートルというスプリンターだった。祖母ノーザンプリンセスは重賞勝ちこそないが、キャピタルS、フローラSと2つのオープン特別を勝ち、七夕賞3着。繁殖馬としてもトーセンテンショウ(5勝)、トーセンビーイング(3勝)、アドマイヤサイモン(現3勝)などコンスタントに活躍馬を送り出している。
 また曽祖母ウイルプリンセスからは、皐月賞、ダービーの2冠を制したほか、天皇賞・春秋連勝を達成したメイショウサムソンという超大物が出ている。
 さらに、4代母エールの産駒にはクイーンSに勝ち、エリザベス女王杯で2着したアサクサスケールがいる。さらに5代母は牝馬ながら有馬記念、天皇賞・秋を制した女傑ガーネットにさかのぼる牝系だ。
 シンボリクリスエス×サンデーサイレンス牝馬の組み合わせはサクセスブロッケン、サイレントメロディ、ソロルというダートの活躍馬が多い。ミトラも一時はダート戦ばかりを使われていたが、芝路線に方向転換して頭角を現してきた。シンボリクリスエス産駒としては珍しいパターンだ。重賞初挑戦の阪急杯では14着という結果に終わったが、今回はどうか?
 (笹栗康昭)