22
October , 2017
Sunday


今年、マニアたちがもっとも注目している〝ヒューストンのUFO〟

2014年8月24日(日)12時08分更新
Pocket

ヒューストンUFOは話題沸騰中

ヒューストンUFOは話題沸騰中

 8月中旬、「ヒューストンUFO」という12秒の動画がユーチューブに投稿された。嵐の中、道路を走行する車中から空を撮影したもの。4、5個のメタリックな球体が移動しているシーンが5秒ほど撮影された。12秒中のたった5秒だが、強烈な印象を残すUFO動画だ。UFOマニアの間で瞬く間に広まった。アメリカのリベラル系ネット新聞「ハフィントンポスト」が世論調査を行っているほどの騒動になっている。

 
 投稿者はヒューストン在住のミュージシャン、アンドリュー・ペーニャ氏。同市の高速道路を南方向に走行中、雷の光がすごかったので動画撮影していたという。帰宅し、動画を再生したところ、UFOが映っていた。相互UFOネットワーク主任調査員フレッチャー・グレイ氏は、ペーニャ氏の車の「サイドウインドウに反射した光ではないのか」と否定的な見方だ。しかし、サイドウインドウには別の光の反射も映り込んでいるが、このUFOとは動き方が違う。よってこのUFOが光の反射とは思えない。

 また、NASAが6月28日にハワイで実験をスタートした、最新テクノロジーの「超音速の空飛ぶ円盤」ではないかという指摘もある。正式名称は「低密度超音速減速機」で、スペースシャトルなどの宇宙船が着陸する際に補助するための円盤型飛行機だという説だ。


 一報で、気象観測気球、街路灯の反射、スタジアムの照明、無人ドローンではないかと、さまざまな説が出ているが、とにかくまだ分からない。つまり、未確認飛行物体であるから、UFOだ。

https://www.youtube.com/watch?v=apsX2_kcFQU