23
August , 2017
Wednesday


米MTV賞でまた事件!マイリーの代理で受賞したホームレス男が実は…

2014年8月27日(水)03時58分更新
Pocket

受賞後、マイリーと記念撮影するヘルト容疑者

受賞後、マイリーと記念撮影するヘルト容疑者

 前夜祭で銃撃事件が起きた恒例のMTV・ビデオ・ミュージック・アワード(VMA)で、またしても事件だ。24日に行われた授賞式で米お騒がせ歌手マイリー・サイラス(21)の代理で賞を受け取った男が、実は指名手配中の容疑者だったことが判明した。

 この男、ロサンゼルスでホームレス生活をしていたジェシー・ヘルト容疑者(22)。イケメンホームレスということでマイリーの目に止まり、マイリーらが推進するホームレス支援プロジェクトの一環として開かれたPRイベントに起用された。

 授賞式では、大ヒット曲「レッキング・ボール」で最優秀ミュージックビデオ賞を受賞したマイリーの代理でステージに上がり「これまでいろんな収容先で生活してきた。あなた方が泊まるホテルで清掃をしたり、あなた方の映画でエキストラをしたり、あなた方の人生のエキストラをしてきた」とスピーチ。そして「あなた方にとっては存在すらしない自分だけれど、あなた方が夢を追いかけ、実現して今この舞台にいるように、自分もたくさんの夢がある」と締めくくり、会場から喝采を浴び、全国の視聴者を感動させた。

 ところがこのヘルト容疑者、2011年に故郷のオレゴン州セイラムで、大麻の売人の部屋に「酷いブツを売りつけやがった!」と押しかけ、不法侵入の疑いで逮捕・起訴された。

 裁判では有罪を認め、保護観察処分を受けたが、保護監察官への届けなしに州外に逃走したとして指名手配されていた。そんな中、同容疑者はマイリーから帰郷のための費用をもらい、セイラムの実家に帰っていた。それを地元警察が聞きつけ、逮捕状を取って実家に駆けつけたが、本人はすでに逃走した後。捜査員は現在、容疑者の行方を追っている。