18
October , 2017
Wednesday


米ファストフードチェーンに新登場 これぞアメリカ!の〝肉の山サンド〟

2014年8月27日(水)02時14分更新
Pocket

「これでどやっ!」と言わんばかりの肉、肉、肉。ただし繊細さは皆無だ

「これでどやっ!」と言わんばかりの肉、肉、肉。ただし繊細さは皆無だ

 サンドイッチ専門の米ファストフードチェーン「アービーズ」にこのほど登場したのが衝撃的な新商品。〝肉の山サンドイッチ〟という、繊細さなど一切無しの「これでどやっ!」という、まさにアメリカらしい一品だ。

「ミートマウンテン」と名づけられたこのサンドイッチ。中身はチキンのもも肉2枚、それぞれ約42グラムのローストターキー、ハム、コーンビーフ、ビーフステーキ、ローストビーフ、ブリスケット(肩バラ肉)、それにスイスチーズ1枚、チェダーチーズ1枚とベーコン3枚。これが小麦のパンに挟んであるというから、まさに肉の山だ。

 値段は1個10ドル(約1000円)。気になる熱量は1200キロカロリーだが、“米国一の高カロリー食”といわれるライバルチェーン「サブウェイ」のダブルミートボールマリナーラよりは約500キロカロリー少ないそうだ。

 それにしても、こんなものばかり食べていたら、メタボ症候群まっしぐらは間違いない。

「サブウェイ」のダブルミートボールマリナーラは1720キロカロリーだとか

「サブウェイ」のダブルミートボールマリナーラは1720キロカロリーだとか