20
October , 2017
Friday


【ハリウッドセレブ裸画像流出事件】ジェニファーら被害者が怒りの声明

2014年9月2日(火)05時47分更新
Pocket

米女優で歌手のメアリー・エリザベス・ウィンステッドも被害者の一人だ

米女優で歌手のメアリー・エリザベス・ウィンステッドも被害者の一人だ

 “顔射”ショットなど大量のプライベート画像がハッキングされ、ネット上にばらまかれた被害者で米オスカー女優のジェニファー・ローレンス(24)が、米連邦捜査局(FBI)にプライバシー侵害などで捜査願を提出したことを明らかにした。

「これは紛れも無いプライバシー侵害だ。捜査当局にはすでに被害届を出し、盗んだ画像をネットに投稿した者は必ず処罰を受けなければならない」とジェニファーの代理人はメディアへメールで声明を出した。

 ジェニファー同様、被害を受けたスーパーモデル、ケイト・アプトン(22)の弁護士も「不法に入手した画像をネット上でばらまいたり、複製したりした者を全力で見つけ出す」との声明を発表した。

 また、米女優で歌手のメアリー・エリザベス・ウィンステッド(29)も自身のプライベートヌード画像が盗まれ、ネットに不正に公開されたことを明かし「本当に気持ちが悪い」と怒りのコメントを出した。

 英紙ミラー(電子版)は、犯人と名乗る人物が「自分は(裸の画像)コレクターでハッカーではない」とネット掲示板に書き込んだと報じた。また、同人物が、流出されたセレブの裸画像から、わずか120ドル(約1万2000円)分ほどのビットコイン(ネット上の電子マネー)しか得られなかったと明かした。

 おそらく、一部の画像を課金式で公開したものの、購入したネットユーザーが別のサイトなどで無料公開し、瞬く間に世界中に拡散したためと思われる。

 同人物は「予想していた収入からはほど遠いものだった」とも書き込んだ。

 一方、前代未聞の100人にも及ぶハリウッドセレブらの全裸画像などが流出した原因は「犯人がアップル社のiPhoneなどに付随するiCloudサービスに侵入した可能性が大きい」と米NBCニュースが報じた。

 同社広報は「わが社はユーザープライバシーを非常に重要視しており、現在、流出につながったとの報道について全力で調査している」と語った。