20
October , 2017
Friday


【ハリウッドセレブ裸画像流出事件】FBI捜査着手 過去類似事件を解明

2014年9月2日(火)07時34分更新
Pocket

「本当に恥かしく、辱めを受けた」と涙ながらに語ったスカーレット

「本当に恥かしく、辱めを受けた」と涙ながらに語ったスカーレット

 米連邦捜査局(FBI)は1日(日本時間2日)、ハリウッド女優らの画像などがネットに流出したことについて「状況を把握している」とした上で「それ以上については現時点ではコメントできない」と述べた。

 当局の関係者によると、FBIはすでに捜査に着手。100人といわれる著名人のプライベート画像や動画が不正に盗まれたのは、アップル社のiCloudアカウントに何者かが侵入し、ハッキングしたことによる可能性が高いとの見解を示した。

 FBIはこれまでも、米人気女優のスカーレット・ヨハンソン(29)、女優のミラ・キュニス(31)、米歌手クリスティーナ・アギレラ(33)がそれぞれプライベートで撮ったヌード画像がハッキングされ、ネットに流出した事件も手がけてきた。

 同事件では米国・フロリダ州に住む男が逮捕され、2012年12月の判決公判では「本当に恥かしく、辱めを受けた」と涙ながらに語るスカーレットの証言ビデオが紹介された。

 また、クリスティーナも同公判を前に「安全という概念が永遠に失われた。重大なプライバシーが侵害されたという事実は、どんな償いでも償い切れない」との声明を出した。