20
October , 2017
Friday


ハリウッドに衝撃!ジェニファー・ローレンスら全裸画像ネットに大量流出

2014年9月2日(火)03時53分更新
Pocket

卑劣な犯行に大ショックのジェニファー

卑劣な犯行に大ショックのジェニファー

 ハリウッドを震撼させている米オスカー女優ジェニファー・ローレンス(24)のプライベートヌード画像がインターネットに流出した事件。問題の画像をハッキングしたという犯人グループは、ジェニファーのほかにも有名美女ら、100人のヌード画像やセックス動画を入手していると主張している。一方、グループのリーダーだと名乗る男が1日、捜査当局に追われていることを明かした。

 ジェニファーのヌードを含むプライベート画像がネット上に多数ばらまかれたのは31日午後(日本時間1日午前)。米画像共有サイト「4chan」に投稿された。中には、ジェニファーがソファーの上にブラからおっぱいを出し、下半身裸でお尻を突き出した画像や、大量の精液を“顔射”された顔のアップといった極めてプライベートなものもあった。

 ジェニファーの代理人は、画像が本人のものであることを確認。法的措置を取ることを明らかにした。

 犯人グループはまた、米俳優レオナルド・ディカプリオ(39)の長年の恋人だったスーパーモデル、バー・ラファエリ(29)とみられる美女が、全裸でアナルを広げ、自画撮りしたあられもない姿の写真も流出させた。

 2人のほかにもスーパーモデルのケイト・アプトン(22)のヌード画像もばらまき、人気歌手アヴリル・ラヴィーン(29)や米女優キルスティン・ダンスト(32)らのプラーベート画像もハッキングしたとしている。

 そんな中、犯行グループのリーダーだと名乗る男がネット掲示板などで、今回の事件に関し、米連邦捜査局(FBI)に追われていると告白。支援者らにかくまわれながら、米国内で居場所を転々としていると明かした。

あられもない姿の画像がネットに流出したバー

本人とみられる、あられもない姿の画像がネットに流出したバー