20
October , 2017
Friday


【セレブ裸画像大量流出事件】被害発覚の美少女金メダリストは余裕の笑顔

2014年9月4日(木)02時44分更新
Pocket

報道陣にも笑顔のマロニー選手

報道陣にも笑顔のマロニー選手

 18歳とはいえ、さすが金メダリストだ。ハリウッドセレブらの全裸画像などが盗まれ、ネット上に大量にばら撒かれたファプニング事件で、被害者の一人だったことが判明した女子体操チームUSAの超美少女、マッケイラ・マロニー選手(18)が2日(日本時間3日)、カリフォルニア州ビバリーヒルズのオフィス街に母親と一緒に現れ、報道陣に余裕の笑顔を見せた。

 待ち構えた報道陣に「今回の件でファンはサポートしてくれていますか?」と聞かれると、マロニー選手は笑顔で「そうよ」と答え、そのまま建物内に入っていった。

 何者かにハッキングされた画像は数枚で、シャワールームで自画撮りした全裸写真や、上半身だけを撮ったもの、また、寝室の鏡にTバックとブラだけの姿で全身を写したものなどが流出したとされる。

 マロニー選手の弁護士は、これらの画像を掲載したアダルトサイトなどに対し「画像の版権はマロニーに属し、無断掲載は違法。また、画像を撮った時期は本人がまだ17歳だったため、公開した場合、児童ポルノ規制の対象となる」と警告。ただちに削除するよう申し入れた。

 警告を受けたサイトは要請に従ったが、新たに他のサイトが複製した画像を掲載し始めており、イタチごっことなっている。マロニー選手側は、これらの業者に対し「法的措置を取る」としている。

マロニー選手のインスタグラムには約75万人のフォロワーがいる

マロニー選手のインスタグラムには約75万人のフォロワーがいる