21
October , 2017
Saturday


【セレブ裸画像大量流出事件】超美人タレント被害にメディアが無関心な訳

2014年9月4日(木)03時24分更新
Pocket

英国版「GQ」最新号で全裸グラビアを飾ったキム

「GQ」最新号・全裸グラビアのワンカットをアップしたキムのインスタグラム

 オスカー女優ジェニファー・ローレンス(24)を筆頭にハリウッド女優やスーパーモデル、美人アスリートらが狙われたプラーベート画像ハッキング事件。被害者100人の中には、欧米の芸能メディアが何故か関心を示していない超有名美女がいた。

 その美女とは、今や米テレビ界でナンバーワンタレントと言われるキム・カーダシアン(33)だ。キムの全裸画像も流出したとみられているが、ほとんど報じられていない。それもそのはず。キムに関しては2007年、交際中だったR&B歌手レイ・ジェイ(33)と撮影したセックスビデオが流出し、ネット上で拡散した。当時はパリス・ヒルトン(33)のハメ撮りビデオに続く大スキャンダルとなったが、今となってはヌード画像が流出したくらいでは世間は驚かないといったところか。

 しかも、本人は今週、男性誌「GQ」英国版による「2014年度ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に選出され、同誌最新号で全裸グラビアを披露している。そんなタイミングで流出が発覚しただけに、欧米メディアが特に反応しなかったのもうなずける。

こちらは同誌の表紙を飾ったキム

こちらは同誌の表紙を飾ったキム