20
October , 2017
Friday


昨年再婚したばかりのアヴリル・ラヴィーンがもう破局!?その原因とは

2014年9月18日(木)07時06分更新
Pocket

傍目からはステキなお似合いのカップルなのだが…

傍目からはステキなお似合いのカップルなのだが…

 ハローキティが大好きで、日本でも女性に大人気の歌手アヴリル・ラヴィーン(29)が、昨年7月に再婚した相手でロックバンド、ニッケルバックのボーカル、チャド・クルーガー(39)と、早くも破局したと欧米メディアが報じている。

 カナダ出身のアヴリルは2005年、同胞のロックバンド、Sum41のリーダー、デリック・ウィブリー(35)と結婚。しかし09年には別居し、翌年に離婚した。その後、やはりカナダ出身のチャドとの交際が始まり、12年8月に婚約し、昨年、南フランスで豪華挙式をしたばかり。

 米芸能誌「Us Weekly」によると、2人の結婚生活はすでに崩壊しており、チャドは活動拠点のロサンゼルスで周囲に「もう離婚手続きを進めている」と漏らしているという。

 アヴリルは7月、結婚1周年にチャドがプレゼントした指輪をツイッターで公開。「こんなステキな結婚1周年リングって信じられない。17カラットのエメラルドカットよ。ダーリン大好き」とつぶやいていた。

 それから、わずか2か月で何が起きたのか――。

 実は8月、アヴリルはロサンゼルス郊外のリゾートホテルから女友達らと出てきたところをパパラッチされたが、左手の薬指からすでに結婚指輪が外されていた。また、結婚1周年の“ラブラブツイート〟も削除された。

 米芸能サイト「E!News」は2人をよく知る関係者の話として、「破局はチャドの傲慢な性格が原因だ」と明かした。というのも、昨年11月にリリースされたアヴリルの最新アルバム「アヴリル・ラヴィーン」の売れ行きが芳しくなく、それをミュージシャンとして先輩でもあるチャドに相談。ところが、アドバイス内容はともかく、毎度の事ながら横柄な態度のチャドの口調が、いつに増しても乱暴で〝嫌なやつオーラ〟全開。言葉の暴力を浴びせられたと感じたアヴリルが、ついにチャドに見切りをつけたというのだ。

 ただ「2人はまだ完全に離婚に踏み切ったわけではない。まだ、やり直すチャンスはあるかも…」という関係者の声もある。