21
October , 2017
Saturday


【米国】ほのぼの実話!ピザを注文したら警察官が配達にやってきて…

2014年9月24日(水)04時04分更新
Pocket

ピザを届けてくれた警察官2人をパチリ

ピザを届けてくれた警察官2人をパチリ

 米国・オレゴン州ポートランドでピザチェーン店「ピザハット」の配達員がデリバリー中に交通事故で負傷した。なんとその時、事故処理にあたった警察官が、注文主宅にピザを届けるというハプニング。警察官の制服を着た“配達員”の登場には、注文した男性もさぞ驚いただろうが、これが話題を呼んでいる。

 ピザを注文したスティーブ・ハキングさんは、待てど暮らせどやってこないデリバリーに痺れを切らしていたところ、ようやく玄関のチャイムが鳴り、ドアを開けてびっくり。あろうことか、警察官2人がピザの箱を持ってやってきた。

 スティーブさんは「何事ですか!?」と事情を聴いたところ、負傷した配達員が懇願したため、代わりに配達にやってきたのだという。

こんなこと、後にも先にも有り得ないでしょ」とスティーブさんは、警察官2人にピザを持ったまま玄関先で立ってもらい記念写真をパチリ。20日、さっそくツイッターに掲載したところ、「ほのぼのするね」などとリツイートされ、たちまちネット上で拡散した。

 ちなみに警察官が配達したピザはタダだったが、その後すぐ、店から新たに同じ商品が届けられ、そちらは「遅くなったお詫びに」と半額だったそうだ。