26
March , 2017
Sunday


警察署の防犯カメラに映り込んだ半透明ゴーストに全米震撼!

2014年10月1日(水)12時00分更新

防犯カメラが捉えた半透明で移動するゴースト

防犯カメラが捉えた半透明で移動するゴースト

 アメリカで「霊が本当にいるのでは?」と騒がれている映像がある。ABCニュースなど主要メディアが報じているほど大騒動となっている。

 ニューメキシコ州のエスパニョーラ警察署の防犯カメラがまさにゴーストを捉えた。半透明で移動する人型のものだ。9月20日、カール・ロメロ巡査が防犯カメラのモニターを監視していた。すると、人型でモヤのようなものが動いているのが見えた。

「最初はハエや蛾かと思ったんですが、モニターをよく見ると、足がある。人間かなと思ったけど、いや、お化けだった」とロメロ巡査。実はこの署では、警察官たちが霊的なことを感じていたという。ロビーで変な音が聞こえたという警察官は多数いる。

 ロメロ巡査は「署内で、首筋に息を吹きかけられたような感じがしたっていう警官が何人もいる。この映像に映っているものが何か分からないけど、未解決の殺人事件は多い…。頭がおかしいと思われるかもしれないけど、お化けを信じるよ」と語る。