23
August , 2017
Wednesday


ネットで話題騒然の〝3パイ〟女性 今度は少年を監禁、性奴隷にした?!

2014年10月2日(木)03時04分更新
Pocket

〝3つ目のおっぱい〟で時の人となったジャスミンだったが…

〝3つ目のおっぱい〟で時の人となったジャスミンだったが…

 美容外科で2万ドル(約220万円)をかけ、3つ目のおっぱいを形成したとしてインターネット上で先月、大きな話題になった米国・フロリダ州に住む21歳の女性が、またしてもトンデモナイ騒動を引き起こしている。18歳の少年を自宅で性奴隷として監禁し、飼育・調教していたというのだ。

 問題の女性はアリシャ・へスラー。ハンドル名ジャスミン・トライデビルとしてネットで時の人となった。だが、おっぱい騒ぎの方は結局、3つの乳房をかたどった合成樹脂を胸にかぶせただけのニセモノだったことが判明。形成手術はまったくのウソだったことがバレた。

 そんなジャスミンに対し、今度は「僕は彼女に性奴隷として飼育・調教された」とする少年が今週、英紙サンに激白した。

 同州に住むマイケル・スクイアーという少年はフェイスブックを通じ、ジャスミンと知り合ったという。初めて実際に会った夜、ジャスミン宅でいきなり縛り上げられ、ムチで打たれたと同紙に語った。その後、酒を飲まされ泥酔すると、今度はマイケルの胸に、ステーキナイフで「トライデビル」と名前を刻みだした。

 大量の出血から、痛みと恐怖のあまり叫び声をあげると、その度にジャスミンは「静かにしなさい!」と言って、顔にナイフをちらつかせた。「何度も気を失いそうになったけど、しまいにはイヌ用の檻に入るように命令されて、檻の中で寝た」と話した。

「彼女は完全にサイコ。僕は奴隷にされて、暴行されて、辱められたんだ」と被害を訴えた。

 一方のジャスミンは同紙の取材に「奴隷にしたのは本当よ」とあっさり認めた。ただし「性奴隷じゃないわよ。だってあの子とやったことは一度もないわ」とキッパリ否定。また、ナイフで胸を切りつけたとされる件についても「あれは彼が自分でやったこと。ワタシは傷つけてない」と主張している。

 さらに「マイケルがワタシのところに『住むところが無いから、置いてほしい』っていうから2週間ほど住まわせてあげただけ」と説明した。どちらの言い分が本当なのか分からないが、いずれにしてもマトモな関係ではなさそうだ。

監禁され奴隷調教されたというマイケル少年。胸には「トライデビル」のうち「トライ」までナイフで刻まれた

監禁され奴隷調教されたというマイケル少年。胸には「トライデビル」の「トライ」までナイフで刻まれたという