18
October , 2017
Wednesday


J・ビーバーあせった!!“あの不倫相手”と恋人セレーナが気まずい鉢合わせ

2014年10月3日(金)05時00分更新
Pocket

ぎこちない表情のミランダ(左)とセレーナ。中央は米女優オデイア・ラッシュ

ぎこちない表情のミランダ(左)とセレーナ。中央は米女優オデイア・ラッシュ

「パリ・ファッション・ウィーク」に今週、多くのセレブら同様、ゲストとして出席した“悪ガキ”歌手のジャスティン・ビーバー(20)が、ある女性とのニアミスを恐れ、ひやひやしながらパリに滞在している。その女性とは、3か月前に英俳優オーランド・ブルーム(37)と“三角関係”で大げんかの原因となったスーパーモデルのミランダ・カー(31)だ。

 ミランダはまだオーランドと夫婦だった2年前、ジャスティンとの不倫関係がささやかれ、それがきっかけで昨年10月の離婚につながったと報じられた。

 ジャスティンは7月、そのオーランドと地中海のリゾート、イビザ島で遭遇。ジャスティンの顔を見て激高したオーランドは、いきなりパンチを繰り出すものの、まさかの空振り。その隙をみてジャスティンはその場から一目散に逃げ出した。

「けんかを売られるのはもう勘弁」とばかり、ジャスティンはそれ以来、ミランダを避けてきた。つまり、ツーショットをパパラッチでもされたら、再びマスコミに熱愛が報じられかねないからだ。

 そんなジャスティンはパリに滞在中、くっついたり離れたりを繰り返しているガールフレンドで人気歌手のセレーナ・ゴメス(22)とのラブラブ関係を過剰にアピール。ミランダとの関係払拭が狙いなのは明らかだった。

 一方で、同じくファッション・ウィークに来ていた米アイドルタレントで、人気ファッションモデルのケンダル・ジェンナー(18)ともイチャイチャデート。それがセレーナにバレて、2人の関係に再び荒波が…。だが、それ以上に恐れていたのが、パリに滞在中のランダとの遭遇だった

 ところが、だ。こともあろうに恋人のセレーナが、ミランダとルイ・ヴィトンのショーで偶然顔合わせ。ここぞとばかりマスコミは2人の写真をパチリと押さえたが、さすがに2人の表情はぎこちなかった。この写真を見たジャスティンは、さぞキモを冷やした?