23
August , 2017
Wednesday


G線上のホース スプリンターズS 「変則開催だけど予想は普通」

2014年10月4日(土)09時50分更新
Pocket

新潟11R スプリンターズS

今週からいよいよ秋のGI戦線が開幕します。いきなり新潟で代替開催のスプリンターズSと例年とは少し勝手が異なりますが、しっかりと的中させ良いスタートを切りたい次第です。そして今週で3歳未勝利が終了し、来週以降は2歳戦の番組も充実してきます。その来週ですが変則3日間開催の為、特別版として(レース前日の金曜日から)各日2鞍ずつ計6鞍の予想を掲載する予定ですのでお見逃しなく。


※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。ご参考下さい。

★★★★★…年間でも1~2鞍の大勝負。筆者も大枚を叩きます。
★★★★☆…半年に1度クラスの勝負。これを外すと年間収支に影響が。
★★★☆☆…月単位で見ても買いたい馬。筆者自身も結構入れてます。
★★☆☆☆…土日を通じて勝負可能なレース。一般的にこれがベース。
★☆☆☆☆…無理をして買わないが当日の中では推奨出来るレベル。

【推奨馬】ストレイトガール 自信度★★☆☆☆

◎ストレイトガール
○マヤノリュウジン
▲マジンプロスパー
△ガルボ
△コパノリチャード
△ハクサンムーン
△セイコーライコウ
☆サンカルロ

 新潟開催ゆえに色々と考えたが、本命馬を穴馬にするのではなく本命馬から穴馬を買った方が今回の場合は得策だと考えてストレイトガールを推奨する。
 前走の函館SSは「渋滞事故」が起きたと言っても良い位の酷い競馬で11着。4角ではいつでも抜け出せる手応え。ただ構えすぎて無理に出していかなかったのが響き、直線では前がドン詰まり。まともに追う前にレースが終わってしまった。2走前のヴィクトリアマイルは「免停明け」の岩田がこちらも慎重に乗り過ぎた結果(3着)。まともに追えたのは最後の最後だけで、普通に立ち回れば頭まで有った。3走前の高松宮記念は大雨のせいで「陥没道路」の様な極悪馬場で3着。まともな走路だったら結果は変わっていただろう。「たら」や「れば」のオンパレードだが、それまでの8戦は(6.2.0.0)と文句の付け様がない成績。1200m戦において中山よりは新潟の方が成績が上がるのも心強く左回りも得意で連軸には最適な存在。
 相手だが半ば強引に絞る。差し・追い込みが決まらないコース形態の中で、ハマった時の末脚が1番強烈なのがマヤノリュウジン。同型で人気のレッドオーヴァル、ハナズゴールといった馬には負けないと考え、それらの馬を全消した上で対抗。後は内を通れる馬、好位を追走出来る馬を評価した。

【若駒推奨馬】

阪神2R 2歳未勝利(芝2000m) ヴァーサトル 自信度★★☆☆☆

 2歳戦の芝レースで極限とも言える上がり3F32.2秒を新馬戦で叩き出したクラージュシチーが人気になるのはある意味仕方ない。新潟外回りから阪神内回りとコースは大きく変わるが、それでも実力は抜けている。逆らうつもりは無いが、そのおかげで人気薄になるのがヴァーサトル。前走は今回と同じ阪神2000m戦、上位3頭が逃げ・先行からの押し切りだったレースで後ろからロングスパートで4着に食い込んだ内容は大きく評価していい。母母アビは2008年のダービー馬ディープスカイを輩出。ディープスカイ自身は勝ち上がりまでに6戦を要し、叩いて叩いて強くなっていった経緯が有るだけに、同馬にもその印象がダブる。クラージュシチーまでは分からないが、他の馬ならば負かせる。馬券は9-16の馬連1点と一応保険で単複も買っておく。

新潟1R 2歳未勝利(ダ1200m) モルジアナ 自信度★☆☆☆☆

 モルヒアナの父Dubawi(ドバウィ)の産駒は未だにダートで馬券圏内に入ったことが1度も無いが、まだ4回しかダートを走っていないのも事実。3代父にあたるシーキングザゴールドからもダートは大歓迎のはず。他にも魅力的な馬が何頭かいるが、期待料込みで馬券はこの馬から買ってみたい。馬券は単複と馬連、3連複軸1頭流しで組み立てる。相手は10、9、7、13、5、1の順。

阪神1R 2歳未勝利(ダ1400m) カジノプレイヤー 自信度★★☆☆☆

 母ベガスナイトは現役時代3勝の内、2勝がダートでのもので2着が7度も有った個性派。半姉ライブインベガスとオメガインベガスの勝ち鞍計3勝はいずれもダート。芝での勝利しかない半姉ユッカマウンテンもいるので完全なるダート指向ではないが、この血統は芝・ダート兼用と考えて良さそう。ここまで2戦の芝では良い所がほとんど無かったカジノプレイヤーがダート替わりで大きく変わっても不思議ではない。馬券は単複と馬連で4、12、11、1、10、7と手広く広げる。