22
October , 2017
Sunday


お騒がせ元美少女スターのアマンダ・バインズ 今度はデパートで万引き

2014年10月9日(木)04時39分更新
Pocket

ニューヨークの高級デパートから〝出禁〟になったアマンダ

ニューヨークの高級デパートから〝出禁〟になったアマンダ

 1990年代に米子供向けチャンネル「ニケロディオン」で美少女子役として大ブレークした米女優アマンダ・バインズ(28)。数年前に「もう演技は飽きた」として引退宣言したかと思えば「止めるの止めた」「やっぱり止めた」などと不規則発言を繰り返した挙句、飲酒運転や違法薬物所持などで逮捕され、芸能メディアを騒がせてきた。そのアマンダが、今度はニューヨークの高級デパートで今週、万引きをしたとして事情聴取を受けた。

 アマンダは8日午後、同市の百貨店バーニーズで、200ドル(約2万2000円)の帽子をかぶり、商品代金を支払わずに店を出たところ、商品に取り付けられていたセキュリティタグが反応し、警報音が鳴った。すぐに警備員が駆けつけ、アマンダから事情を聴いた。

 関係者によると、アマンダは帽子を買うつもりだったが「たまたま財布を車に置き忘れた」と話している。また「店内で客らが自分に気づき、しつこくサインを求めてきたため、逃げ出したところを警備員に止められた」とも。

 店側はアマンダに「二度と来店しない」という“出禁”誓約書に署名させた後、警察に引き渡さずに帰宅させた。