21
October , 2017
Saturday


G線上のホース【10月13日月曜開催分】 京都大賞典 「台風の最中」

2014年10月12日(日)06時30分更新
Pocket

京都11R 京都大賞典

今週は中央競馬3日間開催の為、G線上のホース特別版として(レース前日の金曜日から)各日2鞍ずつ計6鞍の予想を掲載します。本日は10月13日(月)の予想になりますのでご注意下さい。
本日は京都から2鞍の予想を提供しますが、月曜日の京都開催は中止の可能性がかなり高いです。主催者の発表には充分ご注意下さい。当然、当欄の予想も雨を考慮してのものになっています。


※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。ご参考下さい。

★★★★★…年間でも1~2鞍の大勝負。筆者も大枚を叩きます。
★★★★☆…半年に1度クラスの勝負。これを外すと年間収支に影響が。
★★★☆☆…月単位で見ても買いたい馬。筆者自身も結構入れてます。
★★☆☆☆…土日を通じて勝負可能なレース。一般的にこれがベース。
★☆☆☆☆…無理をして買わないが当日の中では推奨出来るレベル。

【推奨馬】タマモベストプレイ 自信度★★☆☆☆

◎タマモベストプレイ
○デスペラード
▲メイショウマンボ
△フーラブライド
△ラストインパクト
△ヒットザターゲット

 良馬場ならばほぼ間違いなく圏内に入るであろうトーセンラーは雨は大の苦手。ここは思い切って消しの一手に出たみたい。どの馬も重・不良の実績が無い中で、個人的にどうしても引っ掛かるのが昨年の不良馬場で行われた菊花賞。
 3角手前から前方にいたネコタイショウが急失速し、その真後ろにいたタマモベストプレイも急ブレーキを踏む形になっている。あの不利がありながらも8着まで追い上げたのだから恐れ入る。このレースぶりからこれまで長距離に適性が有ると思っていたが、その後の成績はご覧の通り威張れるものではない。そこで発想を変えてみる。この時の走りは長距離適性云々では無く、不良馬場の適性だったとは考えられないだろうか。重賞では後一歩が足りない馬だが、馬場を利用できればこの相手でも前進可能。馬券はこの馬の単複を大本線に馬連で印各馬へ流す。開催自体が微妙だが、もし開催されれば是非とも買っておきたい。

【若駒推奨馬】

京都1R 2歳未勝利(ダ1800m) ワンダーショット 自信度★★☆☆☆

 普通ならばスマートストライク産駒のリベルタンゴやジャイアンツコーズウェイ産駒のカラーラビアンコを推奨する所なのだが、人気を集めそうなので特に妙味無し。あくまでも相手の本線扱いにしておく。
 狙って面白いのが芝の2戦で大きく負けている(9着→13着)ワンダーショット。母母キューは共同通信杯勝ちのブレイクランアウトを輩出。母キスショット(父フサイチペガサス)は現役時代は未勝利に終わっているが、半姉ルシルク(父ダイナフォーマー)からはダート2勝の現役馬クロムレックが出ている。1度も走る機会が無かったがブレイクランアウト自身もダートを使えばかなり良い所までいった様に思う。ワンダーショットの父はスペシャルウィーク。最近ではゴルトブリッツ、ローマンレジェンドを輩出している様に産駒はダートにシフト。この配合ならばダート替わりは相当楽しみ。馬券は単複と馬連で1、6、8、11、8へ流す。