22
August , 2017
Tuesday


ドクター林の健康 トラの穴 番外編 「女子プロレス界との深いかかわり」

2014年10月16日(木)06時00分更新
Pocket

引退して全日本女子プロレスの表舞台から消えていた長与選手ですが、その後舞台など芸能界では活躍していました。

1993年には長与選手の自伝ともいうべき女子プロレスを題材にした映画「リング・リング・リング 涙のチャンピオンベルト」が上映されました。

つかこうへいさんの戯曲「リング・リング・リング」を映画化したもので、こんな内容でした。

九州で新婚生活を送っていた千種は、地方巡業で来た女子プロレスをみてプロレスラーになる思いが募った。そして家族の制止を振り切って上京し、その後「愛とプロレス」との狭間で葛藤しながらもついにチャンピオンになる、というサクセスストリーです。

島田陽子、渡瀬恒彦、阿部寛さんなどそうそうたるメンバーが出演していました。

この映画に医師役で登場させてもらったのはよい思い出の一つです。

長与選手はこの映画をきっかけに、「まだまだやれる」と思ったことがプロレスに復帰するきっかけになったようです。

その後ガイアジャパンを立ち上げ新たな出発をしてゆきました。

私は1995年に新日本プロレスのリングドクター就任の話があり、同年4月には北朝鮮での平和の祭典でのプロレスの試合にリングドクターとして同行し、7月にはスポーツ平和党から参議院選挙へ出馬させてもらいました。

あえなく落選しましたが、その後正式に新日本プロレスのリングドクターに就任し今日に至っています。

暫く全女のドクターも兼ねていましたがアルシオン旗揚げに際し、誘われるまま全女をやめてアルシオンの取締役に就任しました。

しかし新日本から「リングドクターだけならまだしも取締役はさすがにまずいんじゃないか」と言われ即刻辞任した経緯があります。

その後はアルシオン、Ato Zとリングドクターを務めその団体崩壊とともに女子とは疎遠になりましたが、JWPやOZアカデミー、また個人的な自主興行などで声をかけていただくことがあり時間の許す限り立ち会うようにしています。

今でも多くの女子の選手と親しく付き合えるのは楽しみの一つです。

Dr.hayashi

 

 

 

 

本名 林 雅之

1949生

千葉市出身

秋田大学医学部卒業

現在 医療法人社団祐光会理事長 弘邦医院院長

内科医として地域医療に従事する傍らスポーツドクターとして

東京都テコンドー協会会長

新日本プロレス 全日本プロレス ゼロワンなど各プロレス団体のリングドクターを務めている

メディカルエンターテナーとして「笑いと健康」をテーマにライブ活動を各地で行っている

ED治療に関しては日本での第一人者であり「男力復活」に取り組んでいる。

 

著書 

ガンやリウマチに効果のある免疫療法(本の泉社)

  リングドクターが見たプロレスラーの秘密(三一書房)

  脳で感じるセックス入門(扶桑社)

  など20数冊

 

新聞連載

  日刊ゲンダイ(関西版) ドクター林の性の相談室

 

ラジオ 

  かつしかFM ドクター林の健康げらげらクリニック(水曜日20:00~21:00)