18
August , 2017
Friday


米経済誌フォーブス「有名人の故人長者番付」 マイケルが2年連続で1位

2014年10月16日(木)04時07分更新
Pocket

マイケルの最新アルバム「Xscape」

マイケルの最新アルバム「Xscape」

 おなじみ米経済誌・フォーブスによる「この世を去った有名人長者番付」で、2009年に急死した米歌手マイケル・ジャクソンが2年連続で1位に輝いた。この1年間にマイケルの資産管理会社が計上した収入は、推定で約1億4000万ドル(約148億円)だった。

 マイケルの場合は今年、未発表曲を含むアルバム「Xscape」が発売されたことで高い収入につながり、2位だったエルビス・プレスリーの約5500万ドル(約58億円)を大きく上回った。3位はスヌーピーで人気の「ピーナッツ」の作者として知られる漫画家チャールズ・シュルツで約4000万ドル(約42億円)。

 4位は米女優エリザベス・テーラーの2500万ドル(約26億円)、5位はレゲエ歌手ボブ・マーレーで2000万ドル(約21億円)だった。

「虎は死して皮を留め人は死して名を残す」と言うが、世界の有名人は「死してなお巨額の富を生み続ける」ようだ。