17
November , 2017
Friday


【米国】人間と一緒に暮らすと皮膚病に!イヌに存在するヒトアレルギー

2014年10月20日(月)03時01分更新
Pocket

アレルギー改善のため治療を受けるアダム

アレルギー改善のため治療を受けるアダム

 世の中にはイヌの毛などにアレルギー体質の人がいるが、実はイヌの中にもヒトに対してアレルギーのワンちゃんがいることが分かった。

 米ミネソタ州インディアナポリスにある民間の犬救援センターは先日、「アダム」という名前のラブラドールレトリーバーを保護した。重度の皮膚病などを患い、衰弱していたため、同センターで手当てをした。その甲斐あって少し元気になったものの、皮膚病は改善せず、専門家の治療を受けさせた。

 獣医がアダムの血液検査をしたところ、アレルギー性の皮膚病であることが判明。その原因を調べたところ、人間の頭皮のフケや皮膚の老廃物などにアレルギーがあることが分かった。つまり、人間と一緒に生活することで、皮膚病が悪化するという悲しい結論だった。

 同センターの責任者ロビン・ハーマンさんは「ヒトアレルギーだって?! 聞いたことのない病名に最初は『冗談でしょ?』って思ったけど、ヒトにイヌアレルギーがいるように、イヌにもヒトアレルギーがあるということを初めて知った」と語った。

 獣医はアダムのアレルギー改善が可能だとして、さっそく今週から特別な治療を始めるという。