18
August , 2017
Friday


◎血統予想 【京都11R・菊花賞】【東京11R・ブラジルC】【福島11R・みちのくS】

2014年10月25日(土)08時39分更新
Pocket

【京都11R・菊花賞】

青葉賞を勝ち、ダービーでも後方から6着まで押し上げたショウナンラグーン。3000mなら逆転の余地はあるとみてこの馬に◎。父は昨年の覇者エピファネイアと同じシンボリクリスエスで、母の父も01年の優勝馬マンハッタンカフェという配合。
さらに祖母メジロドーベルはGⅠ5勝の名牝だ。5代母のメジロボサツ(朝日杯3歳S、桜花賞3着、オークス2着)に始まり、約半世紀にわたって大久保末吉師、その息子洋吉師が手がけてきた「メジロ」の名門牝系から誕生したショウナンラグーン。来年の2月で引退する洋吉師にとってはクラシックを手にする最後のチャンスだ。

◎ショウナンラグーン
○ワンアンドオンリー
▲サトノアラジン
△タガノグランパ
△ミヤビジャスパー
△トゥザワールド

【東京11R・ブラジルカップ】

◎ランウェイワルツ
○ヴォーグトルネード
▲マスクトヒーロー
△マルカプレジオ
△ツクバコガネオー
△ヒラボクマジック

【福島11R・みちのくステークス】

◎モズハツコイ
○ローブドヴルール
▲ヒーラ
△アポロスターズ
△トキノゲンジ