21
August , 2017
Monday


豪州に出現〝旅するマック〟!ビックリ企画でマクドナルドが狙う業績回復

2014年10月29日(水)03時33分更新
Pocket

 

欧米で弁当を入れるランチボックスのような形をした店舗

欧米で弁当を入れるランチボックスのような形をした店舗

 オーストラリア・メルボルンの街に先週、突如現れた巨大な弁当入れのような物体。実はこれ、ファストフード大手マクドナルドが“旅するマック”として期限付きでオープンした仮店舗なのだ。

 世界的な業績不振が報じられるマクドナルドが心機一転、このユニークな店舗で新メニュー「ランプステーキラップ」を売り出し、一気の業績回復へ向け、新たな戦略に打って出る。同メニューは牛ランプ肉のステーキとトマトやレタスなどをタコスなどで使うソフトシェルで包んだ、マックではこれまでにないグルメ商品なのだ。

 同店舗は今後、シドニー、アデレイドやパースなど豪州の主要都市を巡る。ユーチューブに投稿された動画は、“旅するマック”が一昼夜にして組み建てられる様子を記録したものだ。