18
August , 2017
Friday


甘辛酸っぱいサンドイッチ!ベトナムB級フードの王様「バインミー」~磨由子のグルメ散歩~

2014年11月1日(土)10時33分更新
Pocket

 棚に「もっちりパン」と称するパンが並んでいるのは、店主がもともとはベーグル屋を目指してパン職人の修業をしていたからなんだとか。紆余曲折の後、海外修業中に夢中になったバインミーの店を開くことになったんだそう。どうやら、「もっちりパン」とは、ドーナツ型をしていないベーグルらしい。

 バインミーを買う場合、まずは食券を買う。7種類もある・・・、月替わりもあるのか・・・、ミニサイズ(330円)で2、3種類いくってのもいいな・・・。選択肢が多いのは、食の好奇心がただならぬ人間には少々困りものだ。店員に「一番ベトナムっぽいもの」をたずねたところ、「ベトナムハム&レバーペースト」との回答が。これが一番人気でもあるという。よし、それだな。

 おお、ボリューミー!20センチほどはある太めのフランスパンにレバーペースト、豚のハム、なます(正月に食べる大根とニンジンの甘酢漬け、いわゆるアレ)、パクチーが挟んであるさまは迫力がある。

 パンは軽くトーストしてあるので、外はパリッ!でも中はふんわり、意外と軽めだ。バインミーを食べ歩いた知人いわく、「ベトナムではパンがふかふかの安っぽい感じ。この店はその点で肉薄しつつ、ちゃんとおいしいのがエライ。」。なますがもっとメリハリのきいた味つけかと思いきや、甘味、酸味、辛味が3:2:1といったバランスで、意外にマイルド。野菜のバリバリとした食感とともに、ほどよい噛みごたえのある豚ハムの組み合わせがナイスマッチング!そして、レバーペーストがほどよくコクを与えている。パクチーも加わり、風味的にも確かにアジアンなんだけれど、日本人の口にも非常に合う。

 パクチーやアボガドをトッピングできるので、好きならばパクチーを増量してもいいだろう。うれしいなぁ、このサービス。レバーペーストも、なんと豚ハムまで自家製らしい。店のある高田馬場は学生の街。軽食でありながら、量的にも質的にも、若者が大満足の1品だ。

 ※お料理との出会いをより感動的にするため、写真はあえて載せません

新宿区高田馬場4-9-18 03-5937-4547 JR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿線 高田馬場駅(P無) 「ベトナムハム&レバーペーストのバインミー」 550円

&

大きな地図で見る