19
August , 2017
Saturday


【フォーブス】音楽界の女性長者番付14年版ビヨンセが130億円で1位

2014年11月6日(木)03時12分更新
Pocket

年収130億円の〝荒稼ぎ〟をしたビヨンセ

年収130億円の〝荒稼ぎ〟をしたビヨンセ

 米経済誌・フォーブスによる2014年度版音楽業界の女性長者番付で、米歌手ビヨンセ(33)が1億1500万ドル(約130億円)の年収があったとして1位に輝いた。

 同誌の番付は、前年6月から当年6月までの収入を推定したもの。ビヨンセは昨年、アルバム「ビヨンセ」を米アップルのiTunesでデジタル版を先行リリース。CD発売を後回しにしたことで、大手小売店などから反発を招いた。

 ビヨンセの昨年度の年収は約60億円で、同アルバムとツアーによる売り上げが大きかった。

 同長者番付2位には米人気カントリー歌手テイラー・スウィフト(24)が6400万ドル(約72億円)でランクインした。

 今年度の収入には含まれないが、テイラーは先週、新作アルバム「1989」をリリース。発売1週間でミリオンセラーになり、今年最高の売り上げを記録するアルバムになりそうな勢いだ。このため、来年度の同番付でテイラーがトップになる可能性も出てきた。

 3位には米ポップ歌手ピンクが昨年度8位から浮上。推定年収は5200万ドル(約59億円)だった。

 4位はバルバドス出身のR&B歌手リアーナ(26)で4800万ドル(約55億円)。5位は米ポップ歌手ケイティ・ペリー(30)の4000万ドル(約46億円)だった。

 ちなみに、昨年1位だった“クイーン・オブ・ポップ”マドンナ(56)は今年度、トップ10圏外に。また、2位だったレディ・ガガ(28)は3300万ドル(約38億円)で9位に後退した。