24
November , 2017
Friday


ちょいワル火遊び馬券【京王杯2歳S】【ファンタジーS】【アルゼンチン共和国杯】【みやこS】

2014年11月7日(金)03時08分更新
Pocket

京王杯2歳S(11月8日・東京11R)

ハイレベル新潟2歳S③着を買ってニシノラッシュ◎

新潟2歳S③着が光るニシノラッシュに◎。2勝目となった前走のくるみ賞がハナ差の辛勝でも今回と同じ舞台での勝利は他馬にないアドバンテージだ。新馬圧勝後に連闘で函館2歳Sをぶち抜いたアクティブミノルが○。左回りと1F延長に課題を残すがタフさには2歳馬らしからぬものがある。2連勝中のサフィロスは前走での勝負強さが特筆もので単穴▲に抜擢。ワキノヒビキの末脚も侮れず特注★。いちょうS④着オープンザウェイ、オープン連続④着と堅実なコウソクコーナー、前走不利あったロンバルディアにも要注意。

◎ニシノラッシュ

○アクティブミノル

▲サフィロス

★ワキノヒビキ

△オープンザウェイ

△コウソクコーナー

△ロンバルディア

 

ファンタジーS(11月8日・京都11R)

逃げてしぶといシゲルチャグチャグ◎

戦績的には小倉2歳S②着のレオパルディナが上位の存在だが、前走で見せたゴール前の詰めの甘さが1F延長で致命傷になる可能性もあり▲に止め、本命◎には今回と同じ舞台のもみじ賞を逃げ粘って③着のシゲルチャグチャグを推す。同型との兼ね合いが課題だが、デビュー以来4戦して馬券圏内を外していない勝負強さを支持したい。対抗○はりんどう賞で後方から鋭く伸びてきたダノングラシアス。先争激化なら首位台頭も。★は小倉のひまわり賞を快勝したエフェクト。好調教ウインソワレ以下△印も虎視眈々。

◎シゲルチャグチャグ

○ダノングラシアス

▲レオパルディナ

★エフェクト

△ウインソワレ

△ダイワプロパー

△ニューエディション

△ペルフィカ

 

アルゼンチン共和国杯(11月9日・東京11R)

このメンバーなら負けられないホッコーブレーヴ

天皇賞(春)③着の実績があるとはいえ賞金的にはJC出走が微妙なホッコーブレーヴにとってここは結果が求められる一戦。休み明けは走るし戦ってきた相手を考慮すれば本命◎は当然か。対抗○は当コースのダイヤモンドS勝ちがある4歳馬フェイムゲーム。当時より相手は強くなるがオールカマーをひと叩きした上昇度に期待。同じく4歳馬のラブリーデイに単穴▲。3走前のメトロポリタンS勝ちが鮮やかで、直後の目黒記念でも⑤着と好走している。その目黒記念の勝ち馬マイネルメダリストの前走大敗からの巻き返しに特注★。

◎ホッコーブレーヴ

○フェイムゲーム

▲ラブリーデイ

★マイネルメダリスト

△コスモロビン

△クリールカイザー

△スーパームーン

△デスペラード

 

みやこS(11月9日・京都11R)

再び上昇気流に乗ったインカンテーション◎

昨年の当レースでメンバー最速の上がりでハナ差②着に押し上げたインカンテーションに本命◎。直後のJCダートはさすがに相手が強く⑭着大敗だが、長期休養を挟んで今夏の札幌から復帰、エルムS③着、オープン2連勝と再び上昇気流に乗ってきた。対抗○はクリノスターオー。重賞3連続連対と目下絶好調、先行粘り腰ですっかり安定勢力に成長した。平安Sで○の②着したソロルもそろそろ走り頃で単穴▲。シリウスSを叩いたナムラビクターの変り身に特注★。実績断然のニホンピロアワーズはチャンピオンズCへの試走気配で△まで。

◎インカンテーション

○クリノスターオー

▲ソロル

★ナムラビクター

△ニホンピロアワーズ

△アスカノロマン

△グラッツィア

△サトノプリンシパル