20
August , 2017
Sunday


超珍しい!イタリア最北州の郷土料理「グーラッシュ」~磨由子のグルメ散歩~

2014年11月8日(土)10時45分更新
Pocket

 トレンティーノ=アルト・アディジェというイタリアの州を知っている人がどれだけいるだろうか。そのトレンティーノ=アルト・アディジェの郷土料理を本格的に作れる、希少なシェフが神楽坂にいる。普段、店で出しているのは、一般的な北イタリア料理。とはいえ、事前に頼めば彼の地の料理を作ってくれると言うので、ある時、特別にその腕を振るってもらった。

 この州はイタリアの最北端にあり、料理は近隣国のオーストリアやドイツに近い。川魚を使った自家製スモークやカネーデルリというパンと肉の団子など、珍しいものを何皿も出してもらった。なかでも「牛肉のグーラッシュと炊き立てのポレンタ」は実に赤ワインのすすむ一品だった。

 グーラッシュはハンガリー発祥のドイツ料理で、牛肉の煮込み。ポレンタ(とうもろこし粉を練ったクリームのようなもの)がポッテリと盛られた上に大きい牛肉が2切れ、ソースとともにゴロンと乗っている。ソースはコッテリしすぎていない、トマト風味のビーフシチューのような感じ。リストランテだけに非常に洗練された味わいだ。

 ポレンタ(とうもろこし粉を練ったクリームのようなもの)もまた秀逸で、石臼挽きだという。時折、皮がプチプチと心地よく歯に当たりながらも、実にクリーミーでふわっふわ。とうもろこしの香りも豊かで格別。こりゃまた高級なポレンタですなぁ~、しかもソースもウマイからなぁ!と、ホクホク気分で頂いた。

 なお、この料理を食べたければディナーコースの予約が必要。また、特別な牛肉を使っている都合上、「1週間以上前にリクエストをして欲しい」とのこと。

 クミンの入った硬いパンを木槌で割って見せてくれたのも面白いパフォーマンスで、「リストランテアルベラータ」でのディナーは、高師シェフのトレンティーノ=アルト・アディジェ料理に対する愛情の深さを感じる夜にもなった。

 ※お料理との出会いをより感動的にするため、写真はあえて載せません

東京都新宿区神楽坂3-6 03-5225-3033 東京メトロ東西線・南北線・有楽町線 飯田橋駅(P無) 「牛肉のグーラッシュと炊き立てのポレンタ」 5400円~(ディナーコース料金)

&

大きな地図で見る