22
August , 2017
Tuesday


G線上のホース AR共和国杯 「静寂から歓声へ」

2014年11月8日(土)09時21分更新
Pocket

東京11R AR共和国杯

来週からは怒濤の7週連続GIが始まりますが、今週は中休み。ここまで秋の4戦はいずれもGI初勝利馬が勝っています。以前に書いた記憶が有るのですが、現代競馬ではどんな条件でも好成績を挙げられるオールラウンダーは存在せず、競馬場・コースやその時の馬場に「どれだけ合っている」かが重要です。確かに振り返ってみると、この4戦は結果から考えるとそこまで不思議な馬が勝っていません。むしろ得意コースや得意な条件で好走した馬ばかりです。今後もその傾向がどんどん顕著になっていくのではないでしょうか。この後のGI戦線でも注目しておきたいポイントです。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。ご参考下さい。
★★★★★…年間でも1~2鞍の大勝負。筆者も大枚を叩きます。
★★★★☆…半年に1度クラスの勝負。これを外すと年間収支に影響が。
★★★☆☆…月単位で見ても買いたい馬。筆者自身も結構入れてます。
★★☆☆☆…土日を通じて勝負可能なレース。一般的にこれがベース。
★☆☆☆☆…無理をして買わないが当日の中では推奨出来るレベル。

【推奨馬】サイレントメロディ 自信度★☆☆☆☆

◎サイレントメロディ
○スーパームーン
▲デスペラード
△ホッコーブレーヴ
△マイネルメダリスト
△フェイムゲーム
△コスモロビン

 実績組から買っても良いのだが、1頭だけどうしても気になる馬が。約2年間馬券圏内に入っていないにも関わらず。サイレントメロディはダート転向後1000万条件からオープンに出世し、2年前のマーチSを勝利。その後は前述の通り成績が下降していき、4走前から芝路線に戻って来た。3走前の天皇賞は10着、2走前は59キロのハンデが響き5着。前走はそれまでと見違えるような走りを見せたものの、後に京都大賞典2着のタマモベストプレイに敗れ6着。ただ近4走では1番小さい0.6秒差だった。
 今回もハンデ戦。ようやく「芝」でのこの馬にふさわしい斤量に近付いた55キロ。東京芝は5戦して(2.1.1.1)の好成績。ダート転向前の最後の芝レースでは2着で、その時の勝ち馬は本格化目前のダークシャドウだった。持久力とスタミナが求められるこの距離。昨年こそ途切れてしまったものの2006年から2012年までロベルト系の血を持つ馬が必ず馬券に絡んでおり、父シンボリクリスエスのこの馬にとっては歓迎材料。人気の盲点…というより世間から相手にされていないが、ここは穴狙いに徹してみたい。馬券は単複を大本線に馬連と3連複で組み立てる。

京都11R みやこS

【推奨馬】サトノプリンシパル 自信度★☆☆☆☆

◎サトノプリンシパル
○インカンテーション
▲クリノスターオー
△ソロル
△ブライトライン
△ニホンピロアワーズ
☆ヴォークトルネード

 展開利が見込めた前走(シリウスS)のサトノプリンシパルはあっさり単騎で行けたが、逆に勝ち馬の絶好の目標にされてしまい4着。今回も強力な先行馬が揃ったが、こういう展開利が望めない時こそ狙うのが逃げ馬の鉄則。このコース京都1800mでは3戦2勝と隠れ巧者でもあり、継続騎乗となる鞍上も心強い。とにかく4角5番手以内で進めないと厳しいコース。好相性のエーピーインディ系では人気のインカンテーションもいるが、ここは人気落ちの逃げ馬サトノプリンシパルから。馬券は馬連と3連複軸1頭流しで組み立てる。もしヴォーグトルネードがここで賞金加算出来るようならば、チャンピオンズCはこの馬から狙いたい。

【若駒推奨馬】

東京9R 百日草特別 ミュゼエイリアン 自信度★★★☆☆

 今夏の2歳重賞のレベルは中々のもの。特に札幌2歳Sと新潟2歳Sは出走馬の次走成績が軒並みに良く、今後も重要な物差しになりそう。頭数が少なく人気は集中するだろうが、ここは札幌2歳S4着馬のミュゼエイリアンが断然抜けている。
 札幌2歳S組は3着レッツゴードンキ(アルテミスS2着)、6着アルマワイオリ(もみじS1着)、7着ミッキーユニバース(いちょうS3着)、10着スワーヴジョージ(アイビーS2着)と、いずれも素晴らしい次走成績。外々を回って届かずの4着だったミュゼエイリアンだが新馬戦では先週のアルテミスSを勝ったココロノアイを完封。距離延長も歓迎で馬券は頭から。単勝と馬単、3連単で買いたい。相手は3、6、1、8の順。

東京6R 2歳メイクデビュー(芝1400m) エクストラファイン 自信度★☆☆☆☆

 父シンボリクリスエス×母父スペシャルウィークの配合はサンプルが少ない中で活躍馬を輩出しており、ニックスだと考えて良さそう。菊花賞馬エピファネイア、セントライト記念勝ちのユールシンギングの他は目立つ活躍馬が出ていないが、それでもこの配合はこれまでに20頭にも満たない。現2歳世代での該当馬は3頭で、その内の1頭ヴァンガードシチーは先月の新馬戦で3着。同配合のエクストラファインも初戦から狙いたい。馬券は単勝と馬連で7、3、2、4、14へ流す。