22
October , 2017
Sunday


◎血統予想 【東京11R・銀嶺S】【東京10R・南武特別】【東京9R・からまつ賞】

2014年11月21日(金)12時13分更新
Pocket

【東京11R・銀嶺ステークス】

芝では3戦して芽が出なかったが、ダートに替わって6戦3勝と確実にステップアップしてきたロードヴォルケーノに期待する。配合はスプリンターとして初めて年度代表馬のタイトルを獲得したロードカナロアと同じキングカメハメハ×ストームキャット。ロードカナロアが芝向きに出たのに対し、こちらは米2冠馬タバスコキャットの全妹という母ジャズキャットのパワーが前面に出たようだ。半兄にはオープン特別3勝のロードマエジェスティがおり、まだまだ良化の余地は十分ある。

◎ロードヴォルケーノ

○アルボナンザ

▲タガノトネール 

△ミッキーヘネシー

△アンズチャン

△シグナルプロシード

 【東京10R・南武特別】

◎ダービーフィズ

○フェスティヴイェル

▲カナロア 

△ヒールゼアハーツ

△ジャングルクルーズ

△キネオペガサス 

 【東京9R・からまつ賞】

◎ダイトウキョウ

○アンブリカル

▲ショウナンアデラ

△ドルメロ

△ダイワエキスパート

△グレイトチャーター