20
October , 2017
Friday


【ロシア】すわっUFOか!?真っ暗な夜空を照らした謎の巨大発光体映像

2014年11月21日(金)03時09分更新
Pocket

「未知との遭遇」のワンシーンのような映像だが…

「未知との遭遇」のワンシーンのような映像だが…

 まるでSFファンタジー映画「未知との遭遇」のワンシーンのようだった――。ロシア中部の都市エカテリンブルク近郊の幹線道路を走行中の車が、ドライブレコーダーで撮影した衝撃映像が話題になっている。

 わずか30秒ほどの映像がとらえたのは、何か巨大なものが爆発でもして、真っ暗な空を一瞬にして照らし出した瞬間だ。黄色い炎のような光が進行方向で輝き、数秒後にはオレンジの光の変わり、やがて消えてゆく謎の発光体の様子がはっきり記録されている。

 撮影したのは今月14日夜、同市からレジュという町へ向かう途中。運転していた男性は「ニュースはどこも取り上げていなかった。他に目撃した人はいなかったのかな。アレは一体何だったんだ」と動画を投稿して、コメントした。

 実はレジュでも、スマホのカメラで衝撃の瞬間を撮影した人がおり、ユーチューブなどに投稿された動画を見たネットユーザーは「これは巨大な隕石が落ちたんだ」「ミサイルの爆発だね」「UFOが着陸したか?」などと色めき立ち、大いに盛り上がった。

 だが、エカテリンブルクなどの地方観測所は「同日夜、天体から何かが落下した報告は入っていない」としている。

ドライブレコーダーの映像(上)とレジェで撮影された動画を報じる地元局のニュース