22
August , 2017
Tuesday


ちょいワル火遊び馬券【ステイヤーズS】【金鯱賞】【チャンピオンズC】

2014年12月5日(金)02時50分更新
Pocket

ステイヤーズS(12月6日・中山11R)

折り合えれば能力断然ホッコーブレーヴ

この10年間で8頭の勝ち馬と9頭の②③着馬を輩出している前走アルゼンチン共和国杯組が主力を成す。但し本命◎には⑭着に大敗したホッコーブレーヴをとる。天皇賞(春)の僅差③着からも潜在能力の高さは歴然としており、叩かれての変り身があれば圧勝のシーンも。当時最先着(②着)、近走堅実なクリールカイザーを対抗○とし、昨年の優勝馬デスペラードに▲。目黒記念の覇者マイネルメダリストは距離延びて一変十分、穴メーカー柴田大騎乗で特注★。スカイディグニティ、スズカデヴィアス、ファタモルガーナが△。

◎ホッコーブレーヴ

○クリールカイザー

▲デスペラード

★マイネルメダリスト

△スカイディグニティ

△スズカデヴィアス

△ファタモルガーナ

 

金鯱賞(12月6日・中京11R)

上昇急!ラストインパクトの本格化に◎

一週前追い切りでハープスターを煽ったのに続き今週も抜群の動きを見せたラストインパクトでほぼ勝てると見て不動の本命◎。新潟記念③着、京都大賞典①着と近走の充実ぶりはこの後の有馬記念までも展望させる。対抗○はようやく好調時の先行力を取り戻した感のあるカレンブラックヒル。天皇賞⑨着も着差は僅か。単騎逃げ叶えば一気の逃げ切りまで。冬馬トゥザグローリーの一発大駆けに単穴▲。天皇賞をパスしてここ狙いのエアソミュールが特注★。昨年②着のラブリーデイ以下伏兵陣も虎視眈々。

◎ラストインパクト

○カレンブラックヒル

▲トゥザグローリー

★エアソミュール

△ラブリーデイ

△ウインバリアシオン

△サクラアルディート

△サトノノブレス

 

チャンピオンズC(12月7日・中京11R)

外枠に?も資質は高いインカンテーション◎

4歳馬インカンテーションにはもう一段のギアアップがあると踏んで◎。確かに交流GⅠ組の壁は厚いが左回り1800mは願ってもない施行変更。この条件に限れば6戦5勝、唯一③着に敗れた中京の御嶽特別はスタートの躓きが全て。その時も上がり35秒1の鬼脚を使っている。一番人気必至のコパノリッキーは他馬からのマークが相当きつくなりそうだが目下の充実度であっさりもある○。中京快勝歴のあるナムラビクターの一発大駆けが▲。一叩きされたホッコータルマエの巻き返しに★。インで最後まで我慢が効けばベストウォーリアも怖い存在。ニホンピロアワーズにはやや陰りが見える。

◎インカンテーション

○コパノリッキー

▲ナムラビクター

★ホッコータルマエ

△ベストウォーリア

△ワンダーアキュート

△クリソライト

△インペラティヴ