17
November , 2017
Friday


G線上のホース チャンピオンズC 「必ずしも結果が全てでは無い」

2014年12月6日(土)08時45分更新
Pocket

中京11R チャンピオンズC

相変わらず的中なしが続いてご迷惑をお掛けしています。当欄の推奨馬からそのまま買うのではなく、自分で考えた本命馬の相手として買ったり、ヒモに付け加えて頂く。そういった使い方も出来ると思いますし、それこそ当欄の予想を「そんな視点も有る」位に受け取って頂いても構いません。開催替わりの開幕週と傾向が掴み辛いですが、ご覧の皆様の競馬ライフに少しでもお役に立てればと思っております。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。ご参考下さい。
★★★★★…年間でも1~2鞍の大勝負。筆者も大枚を叩きます。
★★★★☆…半年に1度クラスの勝負。これを外すと年間収支に影響が。
★★★☆☆…月単位で見ても買いたい馬。筆者自身も結構入れてます。
★★☆☆☆…土日を通じて勝負可能なレース。一般的にこれがベース。
★☆☆☆☆…無理をして買わないが当日の中では推奨出来るレベル。

【推奨馬】クリソライト 自信度★★☆☆☆

◎クリソライト
○コパノリッキー
▲ローマンレジェンド
△インカンテーション
────────────────────────
△ワンダーアキュート
△ナムラビクター
△ホッコータルマエ
☆ベストウォーリア

 「第15回チャンピオンズC」の並びに違和感を覚えるが、昨年との大きな違いは言うまでも無く中京ダート1800mへの施行変更。そこを最大限に活かした予想を組み立てたい。
 推奨するのはクリソライト。昨年のダート3歳チャンピオンと呼んでも過言では無いが、その後の大スランプによって完全に1度は「終わった」馬になってしまった。それでもここ3走に復調の気配。59キロで早め先頭のマーキュリーC(2着)、完全復活の7馬身差圧勝の日本テレビ盃、そして前走のJBCクラシック。出走可能なダートの実力馬がほぼフルメンバーで揃った1戦で堂々の2着。ただ、肝心の内容は悔いの残るモノになった。結果的には正解の騎乗では有ったと思う。向こう正面で先行集団の外に付けていたのを強引に下げて内に入れ、4角で再び外に出して進出。あの溜めが有ったからこそ、最後の直線でワンダーアキュートとホッコータルマエを差し切る脚に繋がったのは確か。ただ、あれはクリソライト本来の能力を発揮させる騎乗ではない。決して切れるタイプではないだけに、少々無理をしてでも突っ張っる形の方がこの馬の能力を活かせたのではないか。
 同じ4歳馬、フェブラリーSを最低人気で勝ったコパノリッキーが1番人気のチャンピオンとして受けて立つ立場。向こう正面に入った時点での隊列が全てのレース。前回の反省を今回に繋げる事が出来れば結果は自然と付いてくるだろう。本命馬が人気寄りなので馬券は絞る。印を打つには打ったが、上記の通り上位4頭と下位4頭の差をはっきり付けた。馬券は単勝と馬連・馬単で相手の基本は3頭。余裕が有れば◎○からの2頭軸3連複流しも押さえておく。

【若駒推奨馬】

中山7R 2歳500万下(ダ1200m) トロピカルガーデン 自信度★★★☆☆

 能力の比較が難しい。ウォリア-ズソウルが勝った2走前のダート未勝利戦は負かした2頭が後に勝ち上がりとレベルが高かった。同馬が2着に敗れた3走前の未勝利戦の勝ち馬がオーロラッシュ。そのオーロラッシュが同じレースに出て来たので当然買う。当然買うが、そのオーロラッシュが2着に敗れた未勝利戦で勝ったのがトロピカルガーデン。近3走は芝のレースで現3勝馬ペイシャオブロー、京王杯2着馬サフィロスと差の無いレースをしているが、ダートは1戦1勝と土付かず。芝スタートの中山ダート1200mを苦にするはずも無く、ここは自信の堅軸馬。馬券は単勝と馬連・3連複流しで組み立てる。相手は3、1、8、14、11、5の順。

中山6R 2歳メイクデビュー(芝1800m) カリエンテス 自信度★☆☆☆☆

 母エメラルドアイルは現役時代に5勝を挙げた活躍馬。何よりも魅力なのはその血統で全弟にハーツクライを持つ本格派。そんな馬にこちらも奥が深いオペラハウス直仔のメイショウサムソンを付けたのだから、スケールの大きさだけは伝わると思う。まだ超大型を出していないメイショウサムソン産駒だが、配合のポイントは母父サンデーサイレンスになりそうでカリエンテスにはその血統的下地が充分有る。あくまでも期待を込めてだが初戦から推奨する。馬券は単複と馬連で9、8、6へ流す。

阪神2R 2歳未勝利(ダ1800m) リリーヴィクトリー 自信度★★☆☆☆

 半兄にマルヴァーンビルズ(ダート4勝)、ブレイクアウト(ダート1勝)とここまで兄弟の勝ち鞍は全てダート。母父シルヴァーデピュティと父サンデー系種牡馬との配合では、ダート路線で活躍中のガンジスがいる。ここまでの芝2戦では強い相手とやって4着が続いているが、血統からはむしろダートで開花する可能性が高そう。ここは単勝一本に絞って当日の資金稼ぎを。