17
November , 2017
Friday


G線上のホース 阪神JF 「だから現時点での朝日杯FS◎も確定」

2014年12月13日(土)05時10分更新
Pocket

阪神11R 阪神JF

今年から朝日杯FSも阪神JFと同じ阪神1600mでの施行になりました。同一コースでの2週連続GI開催となると、東京2400mのオークス→ダービーの様な関係性になるのかもしれません。今年のオークスはヌーヴォレコルトが制し、翌週のダービーではワンアンドオンリーが勝利。いずれもハーツクライ産駒という共通項が有りました。これを偶然と取るか、必然と取るかは予想する側の価値観なので正解は有りません。ただ1つ言えるのは、当欄を担当している私自身は必然と考えます。だから仮に今週の予想を外したとしても、来週の朝日杯FSで反省を活かして挽回出来るのでは…と甘い考えを抱いてます。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。ご参考下さい。
★★★★★…年間でも1~2鞍の大勝負。筆者も大枚を叩きます。
★★★★☆…半年に1度クラスの勝負。これを外すと年間収支に影響が。
★★★☆☆…月単位で見ても買いたい馬。筆者自身も結構入れてます。
★★☆☆☆…土日を通じて勝負可能なレース。一般的にこれがベース。
★☆☆☆☆…無理をして買わないが当日の中では推奨出来るレベル。

【推奨馬】コートシャルマン 自信度★★★☆☆

◎コートシャルマン
○ダノングラシアス
▲ココロノアイ
△レッツゴードンキ
△オーミアリス
△ショウナンアデラ
△ロカ
☆スマ-トプラネット

 出走馬18頭で全頭の父が違うというGIでは珍しいメンバー構成(ちなみに母父も)。まだキャリアが少ない馬同士のレースだけに当レースに相性の良い血統、尚且つ今の馬場にマッチしている血統に比重を置きたい。。ウオッカ、ブエナビスタといった女傑が勝っているレースだが、来春の桜花賞では少し足りない馬が馬券に絡んでいるのも見逃せない。そして先週から始まった阪神はやはりパワーが求められる馬場。今秋の京都が高速馬場だっただけに、京都での好走を全て鵜呑みにするのはいささか危険か。
 推奨するのはハーツクライ産駒のコートシャルマン。ここまで1400mで2戦2勝だが、超高速上がりで勝っていない点が逆に好感を抱く。なぜならば土曜のチャレンジCの上がり3F最速は34.9秒。超スローペースの最終レース(マイル戦)でさえ33.7秒。つまり速い上がりが使えるに越した事はないが、34秒半ばでも充分に足りる計算になる。ここまでの2走は僅差も初戦はとても届かない位置から、りんどう賞では大きく時計を詰めて勝利しており、勝ちっぷりは申し分ない。このレースへの出走が少ないが一昨年の3着馬(10番人気)レッドセシリアがいるハーツクライ産駒(トニービンも近年好相性)。母母父にはスタミナ色が強いニジンスキー、母父にはここ数年好走が目立つアメリカ色の強いスマートストライクを持ち血統的にも傾向のど真ん中。まず3着以内は外さないだろう。相手には似たようなタイプを本線に。馬券は単複で大きく張り、馬連と3連複で印各馬へ流す。人気を集めるロカはハービンジャー産駒。馬場はピッタリ合うが今回は短すぎる距離に泣くと判断し大きく評価を下げた。

中山11R カペラS

【推奨馬】シルクフォーチュン 自信度★☆☆☆☆

◎シルクフォーチュン
○サトノプリンシパル
▲タールタン
△ノーザンリバー
△メイショウノーベル
△タイセイファントム
△サウンドガガ

 このクラスの中山ダート1200mは超強力な先行馬がいない限り、後ろからでも充分に間に合う。今年は前に行く事でしか活路を見出せない馬も揃っておりハイペースは必至。高齢馬ながら自身の得意なダート短距離では着実に脚を使えるのがシルクフォーチュンを狙いたい。ここまでダート1200mでは12戦5勝で馬券圏外になったのは4度だけ。中山ダート1200mの出走歴は過去3回でいずれもこのカペラS、4着→1着→3着と崩れた事は1度も無い。今回は乗り替わりだが関東リーディングの戸崎を背にしており不発には終わらないだろう。展開とパワーを考慮し相手も選んでみた。馬券は単複と馬連で組み立てる。

【若駒推奨馬】

中山7R 2歳500万下(ダ1800m) クロフネビームス 自信度★★★☆☆

 この馬は相当強い。初ダートの未勝利戦を関西馬相手に5馬身付けてぶっちぎり。当然、昇級後の前走(500万下)も期待していたものの痛恨の大出遅れ。ただそこからの内容の方が恐ろしい。全くやる気の無い騎乗で、直線の入口でも立て直す不利。そこから大外を通りながら最速上がりタイで5着まで追い込んだ。当日は重馬場で時計の速い馬場だった事を考慮すると、実に優秀。クロフネ産駒なので本来は馬力型で力の要る中山替わりは大歓迎のクチ。混戦模様だが馬券はこの馬から。単複を本線に馬連で12、14、1、2、3、1、6と広めに均等流し。

阪神4R 2歳メイクデビュー(ダ1400m) グラップユアコート 自信度★☆☆☆☆

 非常に魅力的な配合馬が多数出走しており、このレース以降も注目しておきたいメンバー構成。難解に違いないが買ってみたいのは交流重賞5勝のグラップユアハートを母に持つグラップユアコート。決してダート向きの配合ではなかった異兄姉のグランス(父アグネスタキオン)でさえダート2勝を挙げており、バリバリのダート種牡馬ゴールドアリュールに父が変わった同馬には否が応でも期待したい。馬券は単勝と馬連で14、15、12、9、1へ流す。