19
November , 2017
Sunday


G線上のホース 朝日杯FS 「今週はベタベタで来週もベタベタ」

2014年12月20日(土)05時19分更新
Pocket

阪神11R 朝日杯FS

いよいよ今年も残り2週になりましたが、何とかオーラスの有馬記念を良い形で迎えればと思います。先週の当欄でも書きましたが、同じコース設定で2週連続のGI開催。先週の阪神JFは出走馬の父親、母の父が全頭違う珍しいレースでしたが、終わってみればとリーディング上位種牡馬での決着。勝ったのはディープインパクト産駒のショウナンアデラでした。今週の朝日杯FSもディープインパクト産駒のダノンプラチナが出走する上に、関東馬・蛯名騎乗という点まで先週と酷似しています。見たいものだけを見れば正解はこの馬の一択なのですが…。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。ご参考下さい。
★★★★★…年間でも1~2鞍の大勝負。筆者も大枚を叩きます。
★★★★☆…半年に1度クラスの勝負。これを外すと年間収支に影響が。
★★★☆☆…月単位で見ても買いたい馬。筆者自身も結構入れてます。
★★☆☆☆…土日を通じて勝負可能なレース。一般的にこれがベース。
★☆☆☆☆…無理をして買わないが当日の中では推奨出来るレベル。

【推奨馬】ダノンプラチナ 自信度★★★☆☆

◎ダノンプラチナ
○コスモナインボール
▲クラリティスカイ
△ネオルミエール
△ブライトエンブレム
△アッシュゴールド
△ナヴィオン
☆ケツァルテナンゴ

 今週も唯一のディープインパクト産駒ダノンプラチナに賭けたい。近2走のレースレベルが高いとは言えないが、1頭だけ次元が違う勝ち方で東京マイルを2連勝。今年から阪神開催になるが、左右の回り方の違いは有るものの直線が広くワンターンの阪神マイルコースは東京とほぼ同じコース設定。特に深く考えなくてもこの馬が軸には最適。
 工夫するとすれば相手関係。先週の阪神JFに出走の無かった種牡馬の産駒(クロフネ、ネオユニヴァース…)が妙味になりそうだが不気味なのはハイアーゲーム産駒のコスモナインボール。全くの主観になるが2歳秋の東京芝1800mで1.47.5以下で勝利した馬は後にGI戦線でも好勝負出来ると思っている。昨年はイスラボニータだけで今年はドゥラメンテ(1.47.5)とコスモナインボール(1.47.1)の2頭のみ。しかもコスモナインボールは56キロを背負ってのものでこの時計の価値は大きい。本命はダノンプラチナに譲ったが、人気も含めてこの馬にも本命級の評価をしておく。そこに新設重賞のいちょうS組がどこまで迫れるか。馬券は印各馬への馬連と、妙味の有る◎○からの3連複2頭軸も必ず買っておきたい。

【若駒推奨馬】

中山9R ひいらぎ賞 マイネルグルマン 自信度★★☆☆☆

 中山も開催2週目。土曜の雨の影響がどこまで出るかだが、芝・ダート共にイメージ通りのパワー型が台頭している。先週はスニッツェル産駒がマイルの新馬戦(6番人気)で勝利し、黒松賞でも(6番人気)2着と好走が目立っていた。数少ない産駒の中でこれだけ走れば上等の部類で余程今の中山の馬場が向いているのだろう。ひいらぎ賞にも同産駒のマイネルグルマンが出走。中山替わりで大きな変わり身が見込めるし、極端な傾向の変化が無ければます好勝負。馬券は単複を本線に12、4、5、2へ馬連流し。

阪神6R 2歳500万下(芝1200m) ブラッククローバー 自信度★★★☆☆

 小倉2歳Sで痛恨の除外になったブラッククローバー。出走していれば間違いなく重い印を打っていた。半兄シャインはシンザン記念2着が有るが、母系からはやはり短距離向き。前走のききょうSでは行きたがる面を見せて4着に敗れたが1200mへの短縮ならば巻き返し可能。人気を集めるであろうイッテツ(父インヴィンシブルスピリット)やスマートグレイス(父ヤマニンセラフィム)の芝1200m適性が非常に怪しいだけに、ここは単複勝負で十分。個人的にだが購入金額も結構入れる予定。

中山2R 2歳未勝利(芝1200m) ワタシダイナマイト 自信度★☆☆☆☆

 上記中山9Rと同じ理由でスニッツェル産駒のワタシダイナマイトを狙う。産駒傾向だが本質的にスプリンタータイプでダートは合わない。勝ち上がるならば中山芝1200mが最適だろう。馬券は単複と8、14、15、7、6、16への馬連とスニッツェル産駒2頭8・10からの3連複流しを推奨する。