21
October , 2017
Saturday


【英国】海岸から30キロ以上も内陸で迷子のアザラシを発見!救出される

2014年12月24日(水)05時18分更新
Pocket

芝の上でぐったりした様子のハイイロアザラシ

芝の上でぐったりした様子のハイイロアザラシ

 海岸から約32キロ内陸にあたる英国・北西部リバプール郊外の森の中で22日朝、群れからはぐれた野生のアザラシが発見、保護された。発見場所のマージーサイドから、最も近い群れが確認されたのは約80キロ離れた海岸で、専門家は、海からマージー川をさかのぼり、同地に迷い込んだとみている。

 保護されたのはハイイロアザラシで、体重250キロほどのオスの成獣。かなり衰弱しているという。

 アザラシが見つかったのは同日午前9時45分ごろ。近所の住人が愛犬を散歩させていたところ、犬がアザラシを見つけて吠え、驚いた住人が警察に通報した。発見場所の土地所有者は「支流の小川を遡ってきたことは間違いない」と話している。

 アザラシを救出した英海洋生物保護サービスによると、海岸から数十キロも内陸で海獣が見つかることは非常にまれだという。