11
December , 2017
Monday


ジャスティン・ビーバーが下着モデルデビュー!!ネットでは大ブーイング

2015年1月8日(木)03時43分更新
Pocket

ララとコラボしたポスターの一枚

ララとコラボしたポスターの一枚

 新年早々、米人気ファッションブランド、カルバン・クライン(CK)の新たな男性下着モデルとして登場した歌手ジャスティン・ビーバー(20)に、ツイッターでは大ブーイングだ。筋トレを極め、いつの間にかムキムキマンに変身していたジャスティンの下着姿に「ベビーフェイスとマッチョ過ぎる体のミスマッチが超キモイ」「大好きだったCKのイメージが地に落ちた」などとさんざんな反応なのだ。

 広告用ポスターやCMは、著名ファッション写真家マート・アラスとマーカス・ピゴーのコンビが手掛け、ニューヨークで撮影された。上半身裸のジャスティンは、筋肉隆々のボディーに自慢のタトゥーをさらし、最新コレクションのジーンズや下着を着こなしている。

 だが、中学生でデビューして大ブレーク、ついこの間までガキだったはずのジャスティンが、こんなカラダになっていることに多くのツイッターユーザーは拒絶反応を示しているのだ。

「あのCKがジャスティンをブランドの顔にするなんて、血迷ったとしか思えない」「CKの広告だったらザック・エフロンやテータム・チャニングみたいな本当の男がみたかった」と反発は広がるばかり。

 また、ポスターにはオランダ出身のスーパーモデル、ララ・ストーン(31)もトップレスでジャスティンとコラボするセクシーなカットも。そのララに対し、ジャスティンの熱狂的なファンは「ジャスティン様の体に触るんじゃないよ!」「ぶっ殺すぞビッチ!」などと物騒なツイート攻撃を仕掛けている。

 その一方で、この騒動をおもしろがっているのが自身もお騒がせ歌手のマイリー・サイラス(22)だ。CKの広告がリリースされると、ララがジャスティンに抱きついているポスターのララの顔を自分のヘン顔に付け替え、その画像をインスタグラムに掲載。“かわいい弟”をからかったような画像もネット上で話題を集めている。

こちらはマイリーがおふざけで作ったポスター

こちらはマイリーがおふざけで作ったポスター