21
May , 2018
Monday


マイリー・サイラスの“裸族化”が加速中!今度は泡で局部隠した写真を公開

2015年1月14日(水)03時44分更新
Pocket

あっけらかんとした表情で全裸の披露するマイリー

あっけらかんとした表情で全裸の披露するマイリー

 米歌手マイリー・サイラス(22)の“裸族化”が止まらない。今度は、近日発売の米誌「Vマガジン」最新号ですっぽんぽんになったマイリーが、同誌発売を前に、撮影中に撮った衝撃のポラ写真をインスタグラムで公開した。

 その1枚がこれ。バスタブの中で素っ裸のまま、あっけらかんとした表情で立つマイリーの局部を隠しているのは石鹸の泡だけ。また、別の写真は絵画を前に、じゅうたんの上に無造作に置かれた数冊のノートの横に、やはり全裸で座るマイリーを撮ったもの。

 他にも、黒のブラをしているものの乳首を露出させたものや、オールヌードで野外撮影された写真など、相変わらず裸になるのが大好きなマイリーならではのコレクションだ。

 そんな“裸族化”が始まったのは、2013年にリリースされ、世界中で大ヒットした曲「レッキングボール」のプロモーションビデオからだ。同ビデオでは、全映像オールヌードでの撮影を希望したマイリーだったが、レコード会社の「ダメ」の一声で、映像の一部のみが全裸となった。

 昨年9月には、ニューヨークのファッションデザイナーが開いたパーティーに、乳首飾りだけをつけたトップレス姿で出席、メディアの度肝を抜くという“事件”もあった。

 このまま、どこまで突っ走るのか、注目されるところだ。

全裸大好きのきっかけとなった「レッキングボール」のPV

全裸大好きのきっかけとなった「レッキングボール」のPV