26
March , 2017
Sunday


マジか?超最低ドライバー女優リンジー・ローハンが自動車損保CMに登場

2015年1月19日(月)02時38分更新

リンジーはハリウッドでも飛びぬけてサイテーなドライバーだ

リンジーはハリウッドでも飛びぬけてサイテーなドライバーだ

 これって、うってつけのキャスティングなの? 酒気帯び運転や対人対物事故など、クルマを運転してはトラブルばかりを起こしてきた米女優リンジー・ローハン(28)が、よりによって米国で自動車損保のCMに出演することが分かった。

 米芸能サイト「TMZ」によると、リンジーが出演するのは保険会社大手オールステート傘下の自動車保険「エシュランス」という企業のCMで、撮影はすでにカリフォルニア州ロングビーチで行われた模様だ。2月1日に予定されている、米国内最大のスポーツイベント「第49回NFLスーパーボウル」のCM枠で放映される。

 リンジーのとんでもない道路交通法違反歴は、2007年にカリフォルニア州で2度の酒気帯び運転や危険運転で逮捕されたのを皮切りに、10年はウエストハリウッドでベビーカーをはね、12年には同州で駐車中の車にぶつけたり、大型トレーラーに衝突する事故を連発。また、ニューヨークで男性をはねるなど、日本なら、とっくの昔に免許取り消しになっている最悪のドライバーなのだ。

 そんなリンジーをCMに起用する自動車保険会社の良識を疑ってしまうが、狙いは「こんなにサイテーな人でも、当社にお任せを」というブラックなメッセージなのかも。