25
May , 2018
Friday


バービーの恋人ケンを目指す米男性 今度は額の血管取る整形手術に成功

2015年1月21日(水)03時56分更新
Pocket

これぞ〝究極のナルシスト〟?!

これぞ〝究極のナルシスト〟?!

 「100パーセント人造人間」を目指す米国・ニューヨークの“リアル・ケン”ことジャスティン・ジェドリカ(34)がこのほど、これまでで一番危険な美容整形にチャレンジ。無事、額の血管を取り除くことに成功した。

 “ケン”とは、バービー人形の恋人のこと。ジャスティンはこれまで、“実写版ケン”になるため、合計22万ドル(約2600万円)かけて、190回も整形を繰り返してきた。

 そして今回の額の血管を取り除く手術は、まぶたの中の血管を焼ききる処置が必要なため、失明のリスクがあったという。

 また、最近は、背中の格好を調整するためのインプラントをし、今度数年にわたり、太ももの大腿四頭筋や膝から下の腓腹筋(ひふくきん)のインプラントをする手術を行う予定だ。

 ネットでは、ジャスティンの過剰なナルシズムを批判する声も多いが、当の本人は「美容整形は自分の創造性の一環。世界でも有数の整形中毒って言われるけど、どこまでやれるか限界に挑戦したい。『100パーセント人造人間』までは、まだまだ長い道のりだけど」と話している。

http://www.dailymail.co.uk/video/femail/video-1152534/EXCLUSIVE-Human-Ken-Doll-gets-forehead-veins-removed.html